VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

歯の治療中にVRゴーグル BiPSEEが東京23区内でパートナー歯科医院を募集

2018年05月08日 10時48分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
BiPSEEは、5月8日、「BiPSEE歯科VR」のブラッシュアップに協力頂けるパートナー歯科医院の募集開始を発表した。

「BiPSEE歯科VR」は、歯の治療中に患者が装着するVRサービスとなる。ゴーグルで視界が遮断し、動画に集中することで患者さんの痛みと不安を和らげるのが狙いという。姿勢誘導技術(特許出願中)により治療に最適な姿勢を保つことができるため、歯科医にも好評なVRツールとなる。

2017年にリリースしたβ版は、10歯科医院で導入しておりアンケートでは、96%のお子さんが“歯医者さん、楽しかった!”と答えたとのこと。対象は東京23区内の20歯科医院で、2か月間の無料体験を通じ、「患者さんの不安を軽減し、治そうとする力を引き出す歯科治療を広めていきたい」と同社は説明している。
 







■こどもの治療の様子




■歯科医師インタビュー

「BiPSEE歯科VR」開発のきっかけは、小さなお子さんの歯科治療をトラウマにしたくない、という歯科医師の思いでした。お子さんは不安・怖れが強い上に言葉でのコミュニケーションが難しく、身体抑制(複数のスタッフがお子さんの身体を押さえつける)が選択されることもあります。本人はもちろん、親御さんにとっても歯科医師・スタッフにとっても大変つらいものです。

心療内科医である代表の松村にとって、歯科治療に対する不安の軽減は馴染みのある分野でした。心療内科は心身医学(身体だけではなく心理的社会的側面から症状を診る)を基盤とした内科。心身医学は歯科・小児科等でも実践されているアプローチです。治療を繰り返しても治らないかみ合わせの違和感や、原因不明の歯の痛み等で歯科医師と連携した経験がありました。

大切にしたことは3点です。
 
・単に動画を見ることで気を紛らわせるのではなく、姿勢誘導技術(特許出願中)を用いて、無理なく正しい姿勢をキープできるようにする。

・歯科治療が可能になる3歳のお子さんも使えるよう、斜視のリスクが懸念される3Dではなく安全な2Dの動画を用いる。

・スタンプ機能(画面上にイラストやメッセージを表示する機能)を活用し、治療中のコミュニケーションをサポートする。  
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 クラスター、コロプラ主催のアニソンフェス「Vアニ」ライブを8月18日に開催 樋口楓、富士葵、YuNiらが集う
9 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど