エイベックスに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

エイベックス、音声ARに参入 没入型RPGゲーム開発や視覚障害者に対しての「音声ガイド」などの複数の事業を公開

2018年05月11日 14時17分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
エイベックスは、音声による拡張現実(AR)コンテンツのシステム開発・コンテンツ制作・営業・コンサルティング事業「SARF(サーフ)」をスタートしたと発表した。同事業は音楽の新しい楽しみ方、新しい体験の創出を目的としている。
 
「SARF」の第一弾として、定額制音楽ストリーミング配信サービス「AWA(アワ)」と「渋谷区観光協会」とのコラボレーション企画として、大塚 愛がナビゲーターを務める渋谷の観光ガイド・コンテンツなど3つの音声ARコンテンツ「AWALK(読み:アウォーク)」を、5月18日から「AWA」にてサービスを開始する。
 

 
■「SARF」について

「SARF(Sound Augmented Reality Factoryの略)」事業は、音楽の新しい楽しみ方、新しい体験を、拡張現実(AR)の仕組みを用いて演出する取り組みとなる。スマートフォン・PC・AIスピーカーなど既存の「IoT デバイス」と、現行の定額制音楽ストリーミング配信サービスを組み合わせることで、音楽コンテンツを含むサウンド(聴覚)や振動(感覚)によるこれまでに無い拡張現実を、様々な社会ソリューションやエンタテインメント・コンテンツとして、リリースしていく。

これまで主なARコンテンツ及びデバイスの開発は、現実空間上に新たなビジュアル情報を重ねて表示するといった”視覚”の拡張を前提するもので、スマートフォンなど既存のデバイス画面に依存し生じる視聴範囲の制限、また、それを解消するデバイスもまだまだ開発段階であることから、ARを最大限享受できないシチュエーションが散在していた。

一方で、「SARF」がベースとする音声ARは、デバイスの制約や利用シーンの制約を受けない”聴覚”による拡張を前提とするため、現段階では”視覚”によるARと比べて、幅広いシチュエーションでの導入が可能だという。
 
「SARF」は、今後、4つの事業カテゴリーにおいて、展開していくとのこと。内容は以下のとおりだ。
 
① 観光事業

Wi-Fiやビーコンなどを活用し、観光音声ガイドを提供するシステムの構築を目指す。具体的には、観光地での多言語ルート案内やトリップビア(トリップとトリビアを合わせた造語)・サービスを含む音声ナビゲーション・システムや、交通機関に対して、音楽とトリップビア・サービスを組み合わせて「移動時間」のエンタテインメント化ソリューションを、旅行会社や地域の観光協会などと共同で企画開発し提供する。
 
② ゲーム開発事業

リアルな街や自然(現実世界)を、音声や音楽によってゲーム・フィールド化する。具体的には、観光地での宝探しやスタンプ・ラリー、街や建物を舞台にした「没入型RPGゲーム」などのサービスを、ゲーム会社や広告会社などと共同で企画開発し提供する。これらのゲームは視覚情報に頼らないため、より未来予測の出来ないサプライズ演出を可能にする。また、モバイル画面デバイスや印刷物などの視覚情報に頼る場面を極力少なくすることで、ユーザーの体験時におけるセーフティ・ソリューションとしても機能する。
 
③ ノーマライゼーション事業

視覚障害者に対するアクセシビリティの向上を目的とした「音声ガイド」の企画開発を行う。具体的には、音声AR機能を、信号や横断歩道、点字ブロックや盲導犬など、既存の物理的ソリューションと組み合わせることで、より、安全で円滑なノーマライゼーション環境の実現を目指す。
 
④ 「SARF」コンテンツ創作の民主化事業

法人によるコンテンツ提供だけではなく、個人による個人のためのコンテンツ創作を推奨・サポートを行う。具体的には、当社ならではのシナジーを活用して、一般のクリエイターのための「著作物(楽曲)利用サービス」、および「サウンドARコンテンツ制作から配信までをユビキタス化するアプリケーション」を開発する予定となる。
 

 
■音声ARコンテンツ「AWALK」について

「AWA」とスマートフォンを利用して、観光協会のバックアップを得ながら「渋谷」という場所と連動した音声ガイドや音楽BGMを配信することで、音楽の新しい楽しみ方、新しい体験を演出する、世界初の音声ARコンテンツサービスとなる。街を舞台にした、自分が主人公の冒険の旅が楽しめ、新感覚の没入仮想型アウトドア体験が味わえる。

場所と音声ガイドや音楽BGMとの連動は、GPSやビーコン、Wi-Fiなどのテクノロジーを用いて、位置情報などのユーザー情報を取得することで実現する。

「AWALK by AWA / creative directed by SARF」の配信コンテンツは、以下の通りとなる。
 
① 「AWALK TOKYO散歩 by 大塚 愛」

大塚 愛 自身がナビゲーターを務める観光ガイド・コンテンツ。ユーザーは、音声ガイドに従い、表参道交差点から渋谷駅までのルートを散策する。大塚 愛の東京をテーマとした楽曲「TOKYO散歩」をBGMに、渋谷区の観光案内やトリップビアに加え、クイズやおすすめスポットの紹介などが楽しめる。
 
② 「AWALK in SHIBUYA by FAMM’IN」

渋谷区観光大使でもあるFAMM'IN(読み:フェイミン / FAKY、FEMM、Yup'inで構成されたフィメール・ラップ・クルー)の楽曲をBGMとした「サウンドARゲーム」。渋谷駅からラフォーレ原宿までのルートを2人1組で没入体験するRPGコンテンツ。謎解きやリアルショップとの連動企画が盛り込まれている。
 
③ 「AWALK in “MAGNET by SHIBUYA109” by Miracle Vell Magic」

渋谷スクランブル交差点に面する最高の立地に、先日オープンしたばかりの「MAGNET by SHIBUYA109」。その館内にて、館内案内やクイズ、謎解き体験など、2人で参加し楽しめるコンテンツ。ナビゲーターを務めるのは、Miracle Vell Magic(読み:ミラクル ベル マジック)。「NOWPLAYING JAPAN(AWAをはじめ多くの定額制音楽ストリーミング配信サービスが参画)」によって「ネクストブレイクアーティスト」に選出された逸材だという。


■事業パートナー

音声ARを社会ソリューションとしてエコシステム化し、利用価値を高めていくために、様々な企業や団体、行政機関と連携していく。「SARF」のパートナーは以下の通りとなる。(五十音順)

テクノロジー・パートナー
・Panasonic

ミュージック・パートナー
・AWA

コンテンツ・パートナー
・伊勢丹新宿本店
・大阪芸術大学アートサイエンス学科
・サイバーエージェント
・渋谷区観光協会
・Downtown Music Publishers
・東急エージェンシー
・博報堂DYメディアパートナーズ
・MARK STYLER
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」にゼンリンがタイアップへ 3D都市モデルデータがゲーム内に登場
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
4 CESA、「CEDEC 2018」のセッション情報の第一弾を公開 バンナムの「パックマンMR」などXR領域をまとめる
5 【おはようVR】PSVRとPS4Proのセットが数量限定でお買い得 『GUNGRAVE VR COMPLETE EDITION』が8月23日発売など
6 【PSVR】期待の新作 2018年、注目PlayStation VR対応タイトルを紹介
7 コロプラ、VR体験ブースを「デリシャカス2016」と「超☆汐留パラダイス!」に出展
8 「ウォーキング・デッド」のスマホ用ARゲームが近日中に公開 拡張現実の加速なるか
9 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど