プレースホルダに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

プレースホルダ、ARなどを利用したテーマパーク「リトルプラネット ららぽーと新三郷」を7月11日に常設オープンへ

2018年06月12日 13時27分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



テーマパーク事業を展開するプレースホルダは、7月11日に、「リトルプラネット」初の常設型パーク「リトルプラネット ららぽーと新三郷」をにグランドオープンすると発表した。

あわせて新三郷に登場する大型新アトラクション「ZABOOM」の概要を公開している。
 

この「リトルプラネット ららぽーと新三郷」はテクノロジーと自然の共存をイメージしたデザインとなっており常設型パークでしか体験できない新アトラクションが続々と登場する。

約160坪の敷地にオープン時には13のアトラクションを用意して展開する。そのうちの6つのアトラクションは新三郷が初公開となる。
 
 

■新アトラクション「ZABOOM」*トップ画像参照

"泳いで、滑って、投げて、スターを集めよう!" 全身で感じよう!みらいのデジタルボールプール30,000個以上のボールにセンサー10台、プロジェクター8台を使用している。

プロジェクションマッピングされたプールは常識を覆す幻想的な空間を演出、また心揺らぐ音楽の中で思いっきりボールで楽しめるアトラクションになっている。手の先から足の指先まで全身の触覚を刺激しつつ視覚と聴覚を刺激する映像、音楽で楽しめる。


■リトルプラネットについて

スマホやゲームとも違う、未来に触れる感覚。
大自然との触れ合いとも違う、未知との出会い。
私たちはデジタル技術を駆使して、子どもたちの探究心や創造力を刺激する未知の体験を届けたい。
みんなが集まり、夢中になって一緒に遊ぶ。
その経験は、いつの間にか学びに変わっていくはずだから

遊びが学びに変わる星 Little Planet

「第11回キッズデザイン賞」を受賞した、AR砂遊び「SAND PARTY! 」や展開図に塗る配色で強デジタル紙相撲さが変わる「PAPER RIKISHI」などファミリー向けのアトラクションが多数あり、子どもの創造力を鍛える屋内型の体験型知育デジタルテーマパーク。

 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( プレースホルダ

ピックアップ

記事ランキング

1 【年始インタビュー】ポケラボ創設者が作った家族向けVR施設『リトルプラネット』 未経験から施設運営を初めた新会社「プレースホルダ」に迫る
2 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
3 【PSVR】『シアタールームVR』で『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』など、シリーズ計10タイトルの有料・無料配信を開始
4 ディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のVRが登場 米国の4D VRアトラクション「The Void」にて
5 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
6 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
7 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
8 カプコン、VRとARを使った体験型アトラクション『オバケハンター』を「プラサカプコン」に導入 イオンモール富津店にて
9 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
10 【PSVR】『絶体絶命都市4』が10月25日に発売 『防災マニュアル』も無料公開へ…シナリオでは災害時の"デマ"に関した内容も
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど