VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

スペースリーとSTW、モルディブリゾートの観光VRコンテンツを店頭で展開開始

2018年06月15日 13時09分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



スペースリーと旅行商品を提供するエス・ティー・ワールドは、モルディブのリゾート10ヶ所の下見用となる観光VRコンテンツを渋谷、新宿、横浜の店頭で展開開始すると発表した。今後、拡大が見込まれる旅行、観光分野における360度VR活用の実証する。

今回の取り組みではエス・ティ・ワールドの営業店舗で、ハネムーンの旅先としてモルディブを検討する際に、事前にリゾートの比較や雰囲気を実感することが可能になる。

モルディブには120以上のリゾート地があり、雰囲気や特徴はそれぞれ大きく異なっている。そこでVRを活用して特徴を分かりやすく伝えることで、意思決定がしやすくし、営業の効率化を図るのが狙いとなる。また、旅前のワクワク感を感じることで満足度向上に繋げるという。

スペースリーは、旅行観光分野において、VRの活用が進みつつあるが、導入コストや、コンテンツの質、また運用面での難しさといった課題を挙げている。その課題解決に対してVRコンテンツをかんたんに制作、編集ができる同社のサービス「スペースリー」を利用することで、問題を課題を解消し、旅行観光分野でも実店舗での導入を進めていきたいとしている。

コンテンツの内容と特徴

・モルディブ10リゾート地における、コテージ紹介、レストラン、スパなど各地最大4カテゴリ

・高画質のVRコンテンツ内のウォークスルー、マップとの連動、説明画像表示、などが含まれた高品質なVRコンテンツ

 
運用方法と見込む効果

・オンラインで一部のコンテンツを発信し、集客への活用(集客力やコンバージョンアップ)

・店頭では全てのコンテンツを揃え、接客へ活用(営業の効率化と成約率向上、お客様の満足度向上)

・360度VRコンテンツを活用した問い合わせ対応と遠隔VR接客(営業の効率化と成約率向上、お客様の満足度向上)
 

今後の展開

・首都圏での展開を踏まえ、札幌、名古屋、大阪、広島、福岡などVRを活用した接客の提供エリア拡大

・モルディブ以外の観光地への対象拡大

・リゾート地でのシュノーケリングなど水中映像のVRコンテンツ追加
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
2 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
3 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
4 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』の7月アップデートを配信開始 『DOA Xtreme SENSE』に「女天狗」を追加
5 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
6 【おはようVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 アンビリアルがスマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」を発表など
7 ユニットコム、豪雨と派生災害の被害者への優先対応を発表
8 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど