TETRIS EFFECT、ENHANCE GAMESに関するVRインタビュー記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

エンハンス新作は「旅」をコンセプトにした『TETRIS EFFECT』 「なぜテトリス?」その開発経緯を水口哲也氏に聞く

2018年06月27日 15時12分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
水口哲也氏がCEOのエンハンスの新作は『TETRIS EFFECT』だという。ご存知『テトリス』は落ちものパズルの草分けて的な存在で、1980年代にリリース、年齢・人種・性別を問わず世界的に大ヒットしている。ではエンハンスの新作は、なぜVRもできる「テトリス」だったのだろうか?

開発の経緯など、水口哲也氏に話を聞いた。


■どうやったら多くの人にVRの体験をしてもらえるか?

 

VRには可能性を感じていますし、思い入れも強いです。自分はその可能性の一番感じている一人でもあります。VRのためにこの業界に入ったと言っていいくらいに。今、VRという領域に関してようやく世の中が動き始めました。ただしそれはまだ一部の人です。

「どうやったら多くの人にVRの体験をしてもらえるか?」を考えた時に、誰でもできるゲーム。ルールは簡単だけどVRで新しい経験ができるゲーム。それを考えた時に『テトリス』はありだなと思っていました。30年以上の歴史があって、年齢問わず遊べる。そんなゲームって他にあんまりないですよね。

また元々、テトリスカンパニーの会長のヘンク・ブラウアー・ロジャースは古くからの友人です。かなり昔に彼から音楽やビジュアルで、テトリスをより気持ち良くする方法がないか相談を受けたのです。

その時に、アイディアがスパークして、VRの時代も来つつあり、いつか作りたいと思っていました。だから基本的な構想はずっと考えていて、どうやったら『テトリス』をエモーショナルな体験にできるか。VRにしたときに、びっくりしたり、感動してくれるかを、ずっと繰り返してやっていました。

『TETRIS EFFECT』の各ステージは、地球や宇宙など色々なところを旅するイメージです。「旅」には、色々な風景、音、音楽があります。『TETRIS EFFECT』でも体験すると旅に行って帰ってきた気分になってもらるように作っています。

エンハンスの作品をやったことがある人は、今まで以上に進化した気持ち良さを味わってもらえます。僕らの作品に初めて触れる人たちも、先入感なくやってもらえば、何が進化しているのか、ゲームって何が進化する余地があるのかわかってもらえると思います。

テトリスはとてもプリミティブで、白黒でも面白い。それをVRにしたときに何が起こるのか、体験してもらえれば充分に喜びや感動ができると思います。


■VRを加えた新しい『TETRIS EFFECT』体感をする


さてそんな感情揺さぶる『TETRIS EFFECT』を体験する機会があったのでお伝えしよう。基本ルールは『テトリス』そのものになる。

ただし『TETRIS EFFECT』では、自身がインナースペースに漂っているかのようなグラフィックと、情熱・壮大・安らぎといった心揺さぶる音楽、そして自身の操作によって発生する効果音をハーモニーすることで、新たな体験をプレイヤーに与えるゲームとなっていた。
 

本タイトルではPlayStation VRにも対応し、VR利用時には非常に深い没入感でその世界を体験できる。ステージにはそれぞれのテーマがあり、深海やバリなど様々を世界をプレイヤーの脳内に焼き付けてくる。また今までエンハンスの作品を体験したことがある人は、その特徴を随所で感じるだろう。

例えば、落ちてくるブロックの向きを変える際の音を出すだけでも心地良い、そんな体験を筆者はした。
 

ゲームのルールでは、今回新たに「ゾーン」という仕組みを導入している。プレイヤーは「ゾーン」に入ることで、時間(とテトリミノの落下)を止めることができ、ゲームオーバーになりそうな危うい状況を切り抜けたり、ブロックを積み重ねて、より多くのボーナスを狙うことも可能になっている。

このゾーン発動時にも、エンハンスらしさがある。発動時には音楽が遠く低くなり、自分の意識がより深い部分に入り込んでいくかのような体験をすることができた。これは鳥肌の立つ演出であり、今作の体験でも非常に記憶に残ったシーンでもあったので、ぜひプレイし体感してほしい。

なお『TETRIS EFFECT』では約30ステージほど用意があるようだ。"テトリスと言えば"と、ファンがニヤリとする演出も用意しているようだ。リリースは2018年秋を予定でDLCの配信も検討しているという。

それまで待てないという人は、エンハンスが同じパズルゲームとして、『ルミネス リマスター』を、 Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One、Steam でつい先日発売し、スマートフォン向けには2016年モブキャストより、『LUMINES パズル&ミュージック』をリリースしている。同作品は、プレイに合わせて光と音がシンクロするという、サウンドパズルゲームの原点とも言えるのでプレイして待っていよう。


■『ルミネス リマスター』関連サイト
 
 

PS STORE

XBOX ONE

NIntendo Switch



■『LUMINES パズル&ミュージック』
 

App Store

Google Play

公式サイト

 
■『TETRIS EFFECT』

 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( TETRIS EFFECTENHANCE GAMES

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
2 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
3 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
4 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
5 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
6 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
7 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
8 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
9 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
10 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど