VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Synamon、ローランド・ベルガーの「凄腕バンク」に第1弾企業として参画 バンクは尖った技術などを持つスタートアップが対象

2018年06月27日 13時06分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


Synamonは、欧州系最大の戦略コンサルティングファームの日本法人であるローランド・ベルガーが新たな価値創造の仕組みとして創設した「凄腕バンク」に、第1弾企業として参画すると発表した。「凄腕バンク」は、ローランド・ベルガーが2016年より進めている和ノベーションという日本型のオープンイノベーションを加速させるための、新たな価値創造の仕組みとなる。

主に、尖った技術やユニークな技を持つ日本のスタートアップが対象となっており、Synamonはビジネス向けVRに関する技術力の高さと実績が評価され、「凄腕バンク」におけるバンクNo.1の企業として採択となった。

Synamonが持つエンタープライズ向けのVR技術と、ローランド・ベルガーが保有する流通機能やコンサルティングの経験を組み合わせることで、ローランド・ベルガーのクライアントに留まらず、様々な日本企業に新たな価値を届けることを共に目指していく。

なお、新サービス「NEUTRANS BIZ」のデモは、6月以降、ローランド・ベルガーのデジタルルームで体験できる。
 

これまでSynamonは、VR空間での最適なユーザ体験を創るためのベースシステム『NEUTRANS』を活用し、様々なビジネスシーンで使える次世代のビジュアルコラボレーションSaaSとして提供する『NEUTRANS BIZ』や、お客様のご要望に合わせてVR技術を活用したコンテンツやシステムを独自構築する『NEUTRANS SOLUTION』を提供した。

今回の「凄腕バンク」への採択を通じて、エンタープライズ向けVRの持つ価値やその可能性をより多くの企業に届けることができるように、今後も継続して取り組みを進めていくという。
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
2 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
3 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
4 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
5 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
6 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
7 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
8 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
9 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
10 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど