グリーに関するVR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

グリー、VR映像の企画・制作・配信ソリューション「XTELE」の提供開始 ホリプロやリクルートなどとの取り組みも

2018年06月28日 14時31分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


グリー<3632>は、VR映像をより高品質に、低コストで活用するためのソリューション「XTELE」(クロステル)の提供開始を発表した。
 
VR技術はエンターテインメント分野だけでなく、企業や教育現場での体験学習、営業やプロモーションなどさまざまな分野での活用の期待がある。ただし活用例が増加する一方で、操作説明などに伴うオペレーションコストの高さや、高画質かつスムーズな配信が難しいといった課題が顕在化しているのも現在の状況となる。
 
「XTELE」は、VRを中核としたTELEPRESENCE(遠隔臨場感)技術を、高品質、効率的、効果的に活用するためのソリューションとなる。VR映像の企画制作、会議室やイベント会場といった特定ロケーションでの利用、ネットワーク配信に必要となるコンポーネントをワンストップで提供している。

 
■「XTELE」の特徴

・高品質なVR映像制作

エンターテインメント領域にとどまらず、「VRオフィス見学」などの採用や企業内での研修・トレーニング向けの企画制作実績に基づき、高品質なVR映像制作サービスを提供する。また、独自のステレオ立体視撮影機材や量産可能な編集ワークフローを持つシータとの資本業務提携により、業界トップレベルの3DVR映像制作の提供が可能となる。
 
・ローコスト運営を実現するロケーション管理

特定ロケーション内でのVR活用に必要な機能を提供する。ローカルネットワーク内で、管理者用端末からの接続HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の管理、コンテンツのインストールや一括再生機能などにより、VR活用の主要な課題であるオペレーションコストを抑制することができる。
 
・視点最適化技術によるネットワーク配信管理

多店舗で多数のコンテンツを配信する際に必要となる映像配信システム基盤を提供する。ダウンロード、ストリーミング双方に対応し、ストリーミング時には、Yerba Buena VR (略称:ybvr、ワイビーヴィアール)のFOV(フィールド・オブ・ビュー)機能を活用することで、注視点の最高画質配信(最大8K/60FPS)と伝送データ量抑制を両立することができる。

また、同機能を活用したライブ・ストリーミング配信についても、会場での撮影から配信までワンストップでサポートすることができる。
 
 
■「XTELE」サービス構成
 
・「XTELE」の概要

サービス名:XTELE(クロステル)
提供開始日:6月27日
提供コンポーネント:

Contents Production
-高品質なVR映像を-

Location Management
-ロケーションでの活用をもっと効率的に-

Contents Distribution
-ネットワーク配信を高品質且つ効率的に-

Analytics (*2)
-費用対効果の可視化を-


▲Location Management 管理者用端末画面


▲Online Distribution コンテンツポータル画面
 

■今後予定している「XTELE」を活用した企業との取り組み

・株式会社 JTB情報システム 

旅行とITの「専門性」に「先進性」を加えた新たな取り組みにより、これまでもVRを含むITソリューションを通じて、多くの人々の交流を生む新しい価値を提供している。XTELEを活用することで、遠隔地をはじめとするリアルな体験や体感を繋ぐソリューションの提供に取り組んでいく。
 
・豊田ハイシステム株式会社 

就職活動生向けにVRを利用したオフィス紹介サービス(VRオフィス見学)を展開中。今後は「XTELE」を活用して、合同説明会や会社説明会等大人数への同時視聴を希望する企業への「就活イベントパック」の提供を開始する
 
・富士通株式会社 

スポーツや文化イベントの領域等において、当社は今後、「XTELE」を組み合わせたVRライブ配信の可能性を検証し、新たなサービスビジネスの創出を検討していく。
 
・株式会社 富士通総研 

研修・トレーニング分野における企業でのVR利活用について、これまで両社で取り組んできた実績を基に、一層の拡大に向けた展開を共同で推進する。また、当領域では、教育効果や費用対効果の検証が重要となるため、「XTELE Analytics」の企画検討についても両社で取り組んでいく。
 
・株式会社 ホリプロ 

総合エンターテインメント企業としてこれまで数多くの文化を創り上げてきた実績より、次世代に誇ることができるVRコンテンツの提供を目指し、「XTELE」を通じた企画および検証を行っていく。
 
・増田パートナーズ法律事務所 

個人のマインド意識変革と組織の風土や行動規範を変えるコンプライアンス研修コンテンツを共同で開発し、研修のプログラム内に組み込んでいく。
 
・山形放送株式会社・東北福祉大学 

東北福祉大学が実施しているVR技術と心理学を用いた観光地域づくりの研究について、山形放送株式会社は、地域の観光資源情報やVR事業のサービス提供を基に協力している。 本研究に「XTELE」 を活用することで、VRコンテンツが実際の観光を促すために必要な要因に ついて効率的に検証し、観光地域づくりにとってより効果的なVRコンテンツの開発に取り組んでいく。
 
・株式会社リクルート 

ダイバーシティ推進に取り組む株式会社リクルートの知見を生かし、疑似当事者体験によって、多様な個のライフスタイルを理解することを目的としたダイバーシティテーマのVRコンテンツを開発する。そして「XTELE」を通じて、広く同コンテンツを体験できる機会を提供していくことで、ダイバーシティ&インクルージョンの推進に寄与していく。
 
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グリー

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
2 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
3 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
4 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
5 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
6 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
7 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
8 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
9 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
10 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど