VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

スペースリー、営業マーケティング支援ツール「セールス VR」を発表 顧客がVR内で何を見ているか瞬時に把握へ

2018年07月02日 14時29分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



スペースリーは、7月1日、業界初となる360度VRによる営業マーケティング支援ツール「セールス VR」の提供開始を発表した。

営業マーケティング支援ツールを活用することでコンテンツ配信後、どの顧客が何を見ているかを瞬時に把握、また顧客の興味が手に取るように把握できるようになるという。スペースリーをPROプラン以上で契約する事業者は利用可能となる。

「スペースリー」は従来、コンテンツのオンライン発信や接客における活用を主とし広がってきているという。360度VR内での顧客行動は、顧客の興味関心を把握することができる貴重なマーケティングデータとなるが、これまで十分な活用がされていなかった。

今回の提供を開始する営業マーケティング支援ツールは、そのデータを活用することで、利用する事業者の営業マーケティング活動をより効果的、効率的にするとともに、成約率の向上にも繋げることを可能としている。エンド顧客とのコミュニケーションがより円滑になると同時に、営業の効率化を図ることができる、と説明している。

■VR顧客分析の内容

(対象者)
住宅メーカー、リフォーム事業者、不動産分野の管理・仲介・売買に関わる事業者、旅行・観光分野の事業者など、360度VRコンテンツをビジネス利用するあらゆる分野で利用できる。

(主な機能)
・顧客にコンテンツのURLをメールで送り、顧客がコンテンツを閲覧するとメールで担当者に連絡があり、顧客側の閲覧状況をリアルタイムに確認することができる。
・リストへの配信、個別への配信が可能となる
・ホットな顧客行動として分析結果が残り、アクセス日時、どのシーンにいたか、それぞれの閲覧時間、詳しく確認したポップアップ情報など全てを定量的に把握することができる。
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
2 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
3 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
4 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
5 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
6 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
7 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
8 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
9 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
10 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど