マウスコンピューターに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

マウスコンピューター、「G-Tune」からGTX1050搭載モデルが9万9800円(税別)から 水冷とGTX1080Ti搭載のフラグシップも

2018年07月03日 11時03分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



マウスコンピューターは、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」より、ゲーマーの要望を取り入れてデザインされた「NEXTGEAR i680シリーズ」 の販売開始を発表した。本シリーズのフラグシップモデルとして、強化ガラスサイドパネルと LED ケースファンを搭載しつつ、CPU と GPU を⽔冷化した「NEXTGEAR i680PA1-DL」を販売する。

本シリーズのデザインをリニューアルするにあたり、ゲーミングパソコンに求める要素を再確認することから始めた。ゲーミングパソコンにさまざまなシーンで触れる機会の多いゲーマーの方々にアンケートを実施し、要素をまとめつつ、ATXシャーシのスペースを活かしデザインされたのが本シリーズとなる。

装飾を極⼒なくしたシンプルな外観にしつつ、床上に置く事が多いデスクトップパソコンのフロント側の上面に、USB3.0ポートを4ポート、マイク端子、ヘッドホン端子、HDMI 端子、カードリーダーを配置してデバイスを接続しやすい環境を用意した。

「NEXTGEAR i680シリーズ」は9万9800円(税別)より、複数のラインアップをそろえている。代表例として、CPU と GPU を⽔冷化しつつ、強化ガラスサイドパネルと LED ケースファンを搭載したフラグシップモデル「NEXTGEAR i680PA1-DL」を、35万9800円(税別)にて販売する。

製品の販売は、G-Tune ホームページ、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune :Garage 各店にて行なっている。
 

■関連サイト
 

公式サイト

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
2 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 【インタビュー】オリジナル版への多くのアンサーも 『クーロンズゲートVR SUZAKU 朱雀』製作中のジェットマンに聞く
6 【おはようVR】PSVRでは『FarPoint』のPVが公開 『Google Earth VR』がoculusでリリース、Steam版もアップデート
7 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
8 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
9 宝塚大学(新宿)のオープンキャンパスが3月25日に開催 『クーロンズゲートVR』の制作にも携わった増田宗嶺氏の講義も
10 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど