Firewall Zero Hour、ソニー・インタラクティブエンタテインメントに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】最大で8人で撃ち合いできるVR STG『Firewall Zero Hour』が8月30日に国内発売へ 

2018年07月03日 12時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)とFirst Contact Entertainmentは、8月30日、日本国内に向けて、PlayStation4 (PS4)用ソフトウェア(PlayStationVR 必須)『Firewall Zero Hour』通常版を 4900 円(税別)、 数量限定で「PlayStationVR シューティングコントローラー」同梱版を 8900 円(税別)で発売すると発表した。

また、7月3日より全国の PlayStation 取扱店にて予約受付を順次開始する。
 
今回開発を行なっているFirst Contact Entertainmentは、アメリカ・ロサンゼルスを拠点しており、最高のVR体験を創造するために2016年に設立したスタジオだという。現在Steamで『ROM: Extraction』もリリースしている。


『Firewall Zero Hour』でプレイヤーは匿名の契約者に雇われた傭兵となる。そして機密データを巡っての攻防戦が繰り広げられる世界へと、身を投じていく。作戦行動中、プレ イヤーは仲間である「ハンドラー」からの連絡によって機密データの場所を示され、目標を達成することで報酬を獲得することができる。
 




攻撃側は「ファイアウォール」にアクセス可能な「アクセスポイント」を解除し、パソコン内の機 密データをハッキングすることが目的で、防衛側はその「アクセスポイント」を攻撃側から守り、 ハッキングを阻止することを目的としている。攻撃側、防衛側ともに最新装備と綿密なタクティクスをもって目的達成のために戦い、勝利し たチームは経験値とゲーム内通貨を獲得できる。





獲得した経験値とゲーム内通貨を使用することで、新たな傭兵キャラクターや武器、装備をアンロック・購入することが可能となる。

攻撃側、防衛側ともに最新装備と綿密なタクティクスをもって目的達成のために戦い、勝利し たチームは経験値とゲーム内通貨を獲得できる。獲得した経験値とゲーム内通貨を使用することで、新たな傭兵キャラクターや武器、装備をアンロック・購入することが可能となる。
 
 
作品名  Firewall Zero Hour(ファイアウォール・ゼロ・アワー) 
ジャンル  タクティカルマルチプレイヤーFPS 
対応機種  PlayStation®4、PlayStation®4 Pro 
PlayStation®VR  必須 
対応コントローラー  PlayStation®VR シューティングコントローラー、DUALSHOCK®4 
プレイ人数  オンライン 1~8 人 
発売予定日  2018 年 8 月 30 日(木)発売予定 
価格 
【Blu-ray DiscTM版】
通常版:4,900 円+税
「PlayStation®VR シューティングコントローラー」同梱版:8,900 円+税

【ダウンロード版】
通常版:5,292 円(税込)
CERO
D(17 歳以上)
開発元 First Contact Entertainment
発売元 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
 
 

公式サイト


©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by First Contact Entertainment.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( First Contact EntertainmentFirewall Zero Hourソニー・インタラクティブエンタテインメント

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】GTMFでのインフィニットループ・モノビットのセッション NVIDIAらがVRデバイスの新規格VirtualLinkを発表など
2 東宝とバンナム、「VR ZONE OSAKA」で新VRアクティビティ『ゴジラ VR』の先行稼働へ 新宿での稼働は11月を予定
3 デジタルテーマパーク「リトルプラネット」で、行動検知システム「Fichvita」搭載のアトラクション登場 踏む位置や頻度で映像が操作可能に
4 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
5 meleap、台湾の大手アミューズメント「智崴集團」と提携 「HADO」の4種コンテンツを事業展開へ
6 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
7 『MARVEL Powers United VR』の参戦キャラクターが新たに公開 スターロード、ガモーラ、ドルマムゥなど5人が参戦
8 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
9 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
10 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど