シーエスレポーターズに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

『One Room VR』iPhone版がリリース スマホ単体での「ハンドトラッキング機能」も採用

2018年07月06日 15時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

 
アニメのVR/ARコンテンツを開発する「Gugenka.」(グゲンカ )は、7月6日、SMIRALと共同でTVアニメ「One Room」をVR化したスマホアプリ「One Room VR花坂結衣は引越してくる -制服編」の iPhone版の販売開始を発表した。
*Android版は8月10日発売予定

同アプリはクラウドファンディングで支援を募り、目標金額を 5倍近く上回る結果を残し開発が決定した、ファンによって生み出されたスマホVRアプリとなる。
 

■あなたの部屋に、女子高生がやってくる



一人暮らしをしている「あなた」のもとへ、 TVアニメ「One Room」第1期でもっとも人気の高かった女子高生、花坂結衣(CV.M・A・O)が、勉強を教えて欲しいと訪ねて来る。彼女とふたりきりで過ごす優しい時間を、スマホVRで体験できる。


■2つのモードで楽しめる2つのモードで楽しめる

【イチャイチャモード】・・・鑑賞、タッチ機能、家の中の移動を楽しめる。



結衣のARフィギュアを好きな角度から鑑賞することができる。シーンは「勉強」「お食事」「本の片付け」の3つのシーンを用意した。さらに各シーンごとに3種類のポーズを収録している。勉強中に眠ってしまったり、散らかしてしまった本を拾ったり、彼女の無防備な姿を見ることができるかもしれない。

イチャイチャモード中は、リビングやキッチン、お風呂やトイレなど、家の中を移動することが可能となる。さらに、ハンドトラッキングやタッチ機能によって、 VR空間上のアイテムを操作できたり、結衣に触れると反応を返してくれる。


・触れるアイテムの例

リモコン:テレビをつけるとTVアニメ「One Room」一期の第1話を視聴することができる。CDプレイヤー:結衣が歌う主題歌「春待ちクローバー」やアニメで使用された10曲のBGMが収録されており、好きな曲を流すことができる。

スマホ:写真を撮ることができる。(※撮影した写真は保存されない) 

【語りかけモード】・・・膝枕、添寝で癒やしてもらえる。



結衣が膝枕や添寝をしながら、あなたに優しい言葉をかけてくれる。収録されているボイスは全て新規録り下ろしとなる。

・膝枕は「お疲れさま」「大丈夫」「お出かけ」「耳かき」の全4シーン。
・添寝は「受験」「不安」「看病」の全3シーン。


■スマホ単体でポジショントラッキングを実現

ARKit対応端末でイチャイチャモードをプレイすると、ポジショントラッキングによって自分の行動がそのままVR空間内に反映されます。自分の頭の動きに合わせて結衣に近づいたり離れたり、VR空間内を自由に歩き回れるなど、より感覚的な操作で楽しめる。

大きく移動する場合、さむコン対応ゴーグルを使用することで「さむコン MOVE」のテレポート機能を利用できる。


ARKit非対応端末をご利用の場合、VR空間内の移動は決まった地点へのワープとなります。

さむコンMOVEについてはこちら: https://gugenka.jp/lab/thumbcon-move.php

この機能の対応端末:iPhone6s以降かつiOS11以上 


■スマホVR初!ハンドトラッキング機能を実装!



iPhone7以降の端末の場合、アプリ内課金(360円)でスマホ単体での「ハンドトラッキング機能」が利用できる。自分の手がVR空間上に反映され、タッチ機能でタップ操作していたところを、自分の手で操作可能となる。部屋の中にあるスマホや鏡など一部アイテムを手に持ったり、手を伸ばして結衣に触ると反応を返してくれるなど、より高い没入感で楽しめる。

こちらは7月13日実施予定のアップデートから販売を開始する。

・この機能の対応端末:iPhone7以降推奨

「触る」操作はさむコン対応ゴーグルを使用するか、単眼モードに切り替えてタップで操作することで、ハンドトラッキングを使用しなくても楽しむことができる。


■端末による対応機能の違い

・iPhone6s以降
ポジショントラッキング対応。さむコン対応ゴーグルでより楽しめる。

・iPhone7以降
ポジショントラッキング、ハンドトラッキング対応。さむコン対応ゴーグルでより楽しめる。

・その他の端末(iPhone6 / iPhone6 Plus / iPhone5s / iPhone SE、Android6.0.)
さむコン対応ゴーグルを使用することで、テレポートで自由に移動したり、画面のタップ操作で結衣や部屋の中の一部アイテムに触れることができる。

・さむコン非対応ゴーグルの場合、 
VR空間内の移動は決まった地点へのワープとなる。また「触る」操作はVRゴーグルを使用しない単眼モードに切り替えることで楽しめる。

さむコンについてはこちら: 
https://gugenka.jp/lab/thumbcon.php 
 

■アプリ概要アプリ概要

アプリ名:One Room VR花坂結衣は引越してくる -制服編
配信開始日:7月6日
配信価格:960円(税込)
アプリ内課金:ハンドトラッキング機能 別途360円(税込み) iPhone7以降のみ対応。7月13日のアップデートから販売開始予定。
配信形態:iOS(Android版は8月10日発売予定です)
対応OS:iOS11以降 / Android 6.0以降 
(ARKit、さむコンMOVEはiOS11搭載のiPhone6s以降の端末のみ対応)
アプリ公式ページ: https://gugenka.jp/digital/one-room.php 

 

公式サイト


©SMIRAL/「One Room」製作委員会 
©Gugenka.
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( シーエスレポーターズ

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
2 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
3 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
4 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』の7月アップデートを配信開始 『DOA Xtreme SENSE』に「女天狗」を追加
5 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
6 【おはようVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 アンビリアルがスマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」を発表など
7 ユニットコム、豪雨と派生災害の被害者への優先対応を発表
8 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど