ACE PHANTOM、ヴァンガードに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

可変戦闘機を操縦するVRシューティングゲーム『ACE PHANTOM』の6DoF対応版が登場! 移動可能範囲が広がりより自由な操作が可能に

2018年07月09日 13時30分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加




ヴァンガードは、VRシューティングゲーム『ACE PHANTOM(エースファントム)』6DoF対応版がGooglePlayでDaydream向けにリリースした。価格は500円。6DoF(頭の前後左右への傾きと首の振りに加えて前後左右と上下の動きに連動)に対応しており、 Mirage Solo with Daydreamで遊べば、 より自由に機体を操作することができる。 
 
本作は、可変型戦闘機「PHANTOM」を操縦し360°から迫りくる敵を撃破し任務を遂行していくVRシューティングゲーム。 「PHANTOM」に内蔵された戦闘補助AIと共に様々な任務を解決していく。

プレイヤーが操作する機体は、ロボットアニメに登場するロボットのように戦闘機形態から人型形態に変形する。戦闘機形態では敵をロックオンしてミサイルを撃つことができ、人型形態では巨大なレーザーで敵を一掃することができる。また、戦闘機形態では視点が3人称視点になり、人型形態では1人称視点での操作に変化し、状況に応じて二つの視点を切り替えることで臨機応変に対応できる。

従来の3DoF版は頭の前後左右への傾きと首の振りによる操作のみだったため、 戦闘機と人型形態の動せる範囲に制限があった。 6DoF版では体の左右の動きに対応したことで移動可能範囲が広がり、 より自由に空を飛び回ることが出来る。さらに人型形態での回避行動が可能になり、 ステージでの選択肢の幅が広がった。
 


 

Google Play

 

 

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
5 マウスコンピューター、薄さ約2cmのクリエイターPC「DAIV-NG5510」シリーズを販売開始 GTX1050搭載で14万9800円(税別)から
6 PC向けの新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」が2019年春に登場 外部センサーいらずで価格は399ドルで
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【おはようVR】PSVRを使った『シアタールーム VR』で『楽園追放』など劇場版アニメ3タイトルを有料配信 デジタルテーマパーク『リトルプラネット』がららぽーと横浜にオープン
9 プレースホルダ、『リトルプラネット ららぽーと横浜』をオープン 4月に大宮、5月に松戸と3ヶ月連続で展開へ
10 Ubisoft、対戦型VR FPS『Space Junkies Open Beta』をPS STORE(国外)やSteamなどで配信開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど