プレースホルダに関するVRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

プレースホルダ、「リトルプラネット ららぽーと新三郷」をオープン いつもの遊びに先端技術を加えた知育系テーマパーク

2018年07月12日 13時13分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



プレースホルダは、7月11日、埼玉県三郷市に「リトルプラネット ららぽーと新三郷」をオープンしたと発表した。同社の初の常設パークとなる「リトルプラネット ららぽーと新三郷」は13のアトラクションを用意している。

コンセプトは慣れ親しんだいつもの遊びが、デジタル技術を加えることにより未来の遊びに進化としている。今回、期間限定でオープンしていた立川での人気アトラクションAR砂遊び「SAND PARTY!」や、デジタル落書き「SPRAY PAINTING」に加えて、30000個以上のボールにセンサー10台、プロジェクター8台を使用してプロジェクションマッピングされたみらいのデジタルボールプール「ZABOOM」などの新アトラクションが続々登場している。

また屋内展開なので天気を気にせず、安心して楽しめる施設になっている。
 

■COSPLAY MAGIC/MRフォトスタジオ
 

"プリンセスや勇者の衣装に着替えファンタジーの世界にワープして写真を撮ろう" 映画などで使われているVFX(Visual Effects)を体験できるMRフォトスタジオ


■PUZZLE DUNGEON/穴掘りパズル
 

"考えて、揃えて、突き進め! ドコまでモグれるか!"楽しみながら頭脳を鍛える超集中パズルアクション!


■SHADOW WORLD/デジタル影絵遊び
 

"みんなの影で変わる不思議な影の世界" 影の世界にある道具を使って、モノを投げたり、水を出したり、炎を出したり、モノを切ったりと、影の世界に入れるデジタル影絵遊びとなる。


■ワークショップも多数開催
 

教育現場でのプログラミング教育に最も適した教材「Ozobot」や、小さなこどもでも使えるブロック型のビジュアルプログラミング「ScratchJr(スクラッチジュニア)」など楽しく「STEAM」が学べるワークショップを毎日開催する。

同社はワークショップについて、スマホやゲームとも違う、未来に触れる感覚。大自然との触れ合いとも違う、未知との出会い。私たちはデジタル技術を駆使して、子どもたちの探究心や創造力を刺激する未知の体験を届けたい、と説明している。
 

■遊びが学びに変わる星 Little Planet
 
「第11回キッズデザイン賞」を受賞した、AR砂遊び「SAND PARTY! 」や展開図に塗る配色で強さが変わるデジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」などファミリー向けのアトラクションが多数ある子どもの創造力を鍛える屋内型の体験型知育デジタルテーマパークとなる。
 
 

ワークショップ予約

公式サイト





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( プレースホルダ

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 香港などの東南アジア向けに配信も
2 次世代VRデバイスもにらんだ新規格VirtualLinkが発表 NVIDIA・Oculus・Valve・AMD・Microsoftらが参画…USB-Cのみで接続可能
3 【イベントレポート】サーバー系トラブルは一切なし!? 「Virtual Cast」開発インフィニットループ山口氏とモノビット安田氏が語るモノビットエンジンの利点とは
4 コーエーテクモウェーブ、『VR センス』の7月アップデートを配信開始 『DOA Xtreme SENSE』に「女天狗」を追加
5 ActEvolve、『Blitz Freak』を韓国のVRプラットフォーム『VRoadcast』に提供へ
6 【おはようVR】『クーロンズゲート VR suzaku』が英語と中国語に対応 アンビリアルがスマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」を発表など
7 ユニットコム、豪雨と派生災害の被害者への優先対応を発表
8 C&R、ゲームエンジニア採用活動の一環で「異世界VTuber女神エルミナ」を起用  
9 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
10 アンビリアル、スマホを使った3Dアバターライブ配信アプリ「トピア」の事前登録&先行体験ユーザー募集を開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど