VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

真生印刷とデジタル総合印刷、「HoloLens」利用したアプリを開発 大型設備導入時に大幅な効率化へ

2018年07月23日 13時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



真生印刷とデジタル総合印刷は、日本マイクロソフトのMR(複合現実)デバイス「HoloLens(ホロレンズ)」の技術を活用して、大型機械・設備の導入を効率化するアプリおよびサービス「MR設備導入シミュレーション」の開発を発表した。

真生印刷とデジタル総合印刷が共同で開発した「MR設備導入シミュレーション」は、「Microsoft HoloLens(ホロレンズ)」の技術を活用して、大型機械・設備の導入を大幅に効率化するアプリとサービスとなる。

真生印刷では、小森コーポレーションの菊全判オフセット枚葉印刷機「LITHRONE GX40」を導入にあたり、同社から提供された設計データに基づき「MR設備導入シミュレーション」のアプリを活用して、現実の工場内に3Dで印刷機の導入イメージを投影する。実際に機械導入に役立つ導入シミュレーションを行った。

またデジタル総合印刷では、パートナー企業のラティス・テクノロジー株式会社が開発したウェブシステム「XVL」を活用して、約30メートルの巨大な印刷機の3Dデータを、品質を劣化させることなく100分の1以上に軽量化している。

「MR設備導入シミュレーション」のアプリを活用すれば、印刷会社の工場内などに、大型印刷機の3Dイメージを実物大で自由に設置できる。すでに導入されている機械・設備や導入予定の機械・設備との干渉、実際の作業にあたって課題になりそうな箇所を、導入前にさまざまな位置から確認することができる。 

「MR設備導入シミュレーション」の導入・活用により、多彩な作業現場などへ大型機械・設備を導入する際の業務を大幅に削減するとともに、導入後のスムーズな作業環境の整備が実現できる。
 

■デジタル総合印刷のパートナー企業、ラティス・テクノロジー株式会社が開発したウェブシステム「XVL」について

ラティス・テクノロジーが開発した「XVL(eXtensible Virtual world description Language)」は、「XML(eXtensible Markup Language)」をベースにした、超軽量3D表現形式となる。XVLを用いることで、3D CADなどで生成された3Dデータを、数百分の1にまで 軽量化することができる。また、メモリ容量が少ない環境でも、大容量の3Dデータなどを高速表示する技術を実装することで、ネットワーク環境を活用した3Dデータ共有を実現するとのこと。


 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
6 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど