StarVR Corporationに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

人間の視覚に最も近い VR HMD「StarVR One」発表 重量450gでSteamVR 2.0トラッキングにも対応

2018年08月15日 12時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



StarVR Corporationは、8月14日(現地時間) 、カナダのバンクーバーで開催している世界最大のコンピューターグラフィックスの祭典、シーグラフ 2018 において次世代VRヘッドセット「StarVR One」を発表した。

同製品は商用および企業向けのニーズと要件を満たし、最適かつリアルなVR体験を提供できるように設計しているという。

■製品概要

・業界最広視野角210°モデル:人間の視野角に最も近い視野角で今までにない没入感を実現
・コントラストと鮮明なカラー表現を可能にした特注パネルの採用
・最新の内蔵型アイトラッキングシステムを採用
・用途に合わせた2つのシリーズ

StarVR One は、水平視野210°、垂直視野130°と非常に視野角が広くなっている。人間本来の周辺視野に極めて近く視覚のほぼ100%カバーすることができるという。自動車や航空機の操縦シミュレーションなど正確さを求められる厳しい要求のVR体験、工学用途における設計上の問題点の特定を行うといったことが可能になるという。
 

リフレッシュ・レートは毎秒90フレームで1600万サブピクセルの高解像度を映し出す特注のAMOLEDディスプレイを搭載。StarVR独自のこのディスプレイは、VRに特化した設計で、細部まで鮮明に映し出す。同じく特注仕様のフレネル・レンズと相まって、視界全体で非常にクリアなビジュアル体験が得られる。最先端の技術で精密に製造されたこのレンズは、あらゆるVR体験に抜群のコントラストと鮮明な色表示をもたらすとのこと。

StarVR Oneには、Tobiiの業界最高レベルのアイトラッキング・テクノロジーがシームレスに組み込まれている。このアイトラッキングは、瞳孔間距離(IPD)を自動的に測定し、個々のユーザーに合わせて調整された最適な映像を瞬時に提供する。また、目の焦点が合った箇所にのみ高品質レンダリングを集中させる、画期的なレンダリング技術のダイナミック・フォービエイテッド・レンダリング(dynamic foveated rendering)を搭載している。

これにより、視線の向いている部分を最高品質で描画しつつ、人間の目にとっての周辺画像の細部の画質も落ちることもない。StarVR One アイトラッキングは、ユーザーの意図するデータを活用することでコンテンツの注視点分析やヒート・マップを含むインタラクティビティの向上に役立て、さまざまな新しいビジネスの可能性をもたらす。

StarVR では、多種多様な用途に合わせたシナリオを想定し、全く異なった完全一体型トラッキング・システムを備えた2つのバージョンを発売する。その1つがStarVR Oneで、SteamVR 2.0トラッキング・ソリューションに対応している。そしてもう1つがStarVR One XTとなる。

こちらはアクティブな光学マーカーに対応した光学トラッキング・システムを採用し、非常に要求の厳しい用途にも適している。また、幅広いトラッキング・システムにすぐに使用できるプラグインが用意されて拡張性が高く、カスタマイズの優れたツールとなる。

さらに人間工学に基づいたヘッドセットで、快適な着け心地にもこだわった。重量わずか 450g で、なおかつヘッドバンドによって重量が均等に配分されるため、長時間の使用や長めのセッションでも快適性を保つという。

StarVR は、多彩なコンポーネント、システム、環境への統合を容易にする優れた拡張性を備えています。ソフトウェア開発キット(SDK)が用意されているため、新規コンテンツの開発や、既存の VR 体験の StarVR によるプレミアムな広視界プラットフォームへのアップグレードもシームレスに行うことができる。

StarVR One デュアル・インプット VR SLI モードを利用することで、レンダリング性能を最大限に引き出して最高の画質を実現することが可能となっている。StarVR SDK API は、既存の環境で経験を積んできた開発者にとっても馴染みやすく、他のプラットフォームにはない機能セットを活用できるように設計されている。

StarVR Oneの開発には、Intel、NVIDIA、Epic Gamesを含む、StarVRの業界をリードするテクノロジパートナーによる広範なコラボレーションが携わっている。

以下、各企業からのコメントを掲載する。

・StarVR Corporationの CTO エマニュエル・マルケス氏

「StarVR は、これまで企業向けVR体験開発に立ちはだかる数々の障壁を乗り越えてきた革新の精神を受け継いでいます。新しいリアリズムの世界のための画期的な技術を提供することで、新たな道を切り開き、現実世界における事業上の意思決定や価値創造をサポートします。弊社は、StarVR One ヘッドセットの投入によって VR 最後の未開の地、企業向け製品市場を制覇いたします」

・IntelのAR/VR担当ゼネラルマネージャーKumar Kaushik氏

「私たちは、StarVRと提携することを楽しみにしています。StarVRの高度な商用VR技術と強力なコンピューティングパフォーマンスを組み合わせて、想像力だけで束縛された世界で最も信じられないほどリアルな仮想体験を創造していきたいです。VRはあらゆる業界を変える可能性を秘めています。そして、IntelとStarVRで、この波をけん引していきたいと思っています。」

・NVIDIAのエンタープライズVR担当ディレクターであるDavid Weinstein氏

「StarVRとNVIDIAは、 StarVR Oneプラットフォームの革新的で業界最高のソリューションを共同で提供しています。StarVR Oneは、NVIDIAのQuadro GPUを搭載しており、VRWorksを活用し、商用およびエンタープライズ市場で最も厳しい要求のVR用途をサポートするために開発されたレンダリングをサポートします。」

・Epic GamesのUnreal Engine EnterpriseディレクターであるSimon Jones氏

「Unreal Engineは、没入的なVR体験のために他に類を見ない画質をレンダリングできることで知られています。その多くはミッションクリティカルでビジネス優先のユースケースです。StarVRのUnrealプラグインは、開発者が優れたハードウェア機能に素早くアクセスできるようにし、創造性、形式、機能のビジョンを明確にし、ビジネス価値を創出できるようにします。」

・Epic Games、VR/AR担当テクニカルディレクターであるNick Whiting氏

「EpicはクロスプラットフォームのXRアプリケーション用のOpenXR標準の推進に全面的に投資しています。われわれは、Unreal Engine4のOpenXRアプリケーションサポートとStarVRの予備的なOpenXRランタイム、ハードウェアおよび、既存のUE4プラグインを連携させるため、StarVRと協力していきます。われわれは開発者がプラットフォームに依存しない方法でコンテンツを構築できるようになることを楽しみにしている。」

 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
6 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど