NVIDIAに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

NVIDIA、GeForce RTXシリーズを発表 レイトレーシングでゲームの映像表現はさらなる高みに

2018年08月21日 14時38分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NVIDIAは、8月21日、グラフィックスカード「GeForceシリーズ」新製品「GEFORCE RTX」を発表した。今回発表になった製品はTuring GPU アーキテクチャを搭載した「GEFORCE RTX 2080 Ti($999〜)」、「GEFORCE RTX 2080($699〜)」、「GEFORCE RTX 2070($499〜)」の3モデルとなる。

*いずれもFounders Editionの値段。

同製品名はRTXと名がつくように、今回の目玉となるRTXプラットフォームを採用したことにある。このプラットフォームの中にはリアルタイムレイトレーシング、人工知能、プログラマブルシェーディングが統合されている。特にレイトレーシング機能に関しては、現実のような光源、反射、影を表現する際に、従来の技術ではできなかったリアルな描写が実現できるようになった。

また同プラットフォームによって前世代のグラフィックス カードに比べ最大 6 倍のパフォーマンスを提供し、リアルタイム レイトレーシングとAIのパワーをゲームに活用できるとのこと。
 



▲NVIDIAの公式サイトより。サイトではその効果のON・OFFをリアルタイムに確認できる。

すでに上記の「Battlefield V」をはじめ、「Shadow of the Tomb Raider」や「Metro Exodus」といったタイトルへの採用も予定しているようだ。「GeForce RTX」シリーズの機能はVRにとっても有効で、高度なVRレンダリング、リアルタイム レイトレーシング、AI を組み合わせて使用することで、新たなレベルのリアリティをもたらすという。

*リンク先はいずれもYoutubeとなる。

今回発表になった3モデルはいずれもメモリにGDDR6を採用している。
 

▲GEFORCE RTX 2080 Ti ファウンダーズ エディションの消費電力は260W
RTX2080Tiは250Wになる。



▲RTX2080ファウンダーズエディションの消費電力は225W
RTX2080は215Wとなる。



▲GEFORCE RTX 2070 ファウンダーズ エディションの消費電力は185W
GEFORCE RTX 2070は175W


 


■関連サイト
 

GeForce公式サイト





リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
4 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
5 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
6 「ジェクサー・フィットネス&スパ上野」、VRを使ったエアロバイクを導入
7 AR最前線…『ポケモンGO』池袋はポケモン発生地の宝庫 名所として知られる池袋西口公園&サンシャインシティを巡る
8 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
9 【UNREAL FEST EAST 2017】コロプラが脱Unity!? UE4を使ったVRゲーム移植のノウハウをお届け【前編】
10 WEBベースのVRアプリオーサリングツール『InstaVR』がHTC Vive出力に対応 モバイルでは困難だった高品質・長時間の提供を実現
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど