NetEase Gamesに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も

2018年08月23日 11時56分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



NetEaseは、Gamescom 2018でVRゲーム「Nostos」のデモ展示を行なった。同タイトルは、マルチプレイに対応したオープンワールドアドベンチャーで、2019年にリリースを予定している。

プレイヤーは、限られた資源を求め広大で荒れ果てた文明の名残がある世界を探索していく。砂漠、草原、山々の向こうにある遺跡など世界は広く、またプレイヤーにとって敵となる生物も存在しているという。動画ではそんあ巨大生物と銃や剣で戦っている姿を見られる。
 

開発には、ImprobableのSpatialOSを使ったシミュレーション技術を利用している。
 



▲朝と夜




▲春と冬

SpatialOSは、イギリス・ロンドンを拠点とするImprobableが開発している。Improbableは、ゲームなどで利用する3D空間を設計・構築・実行するSpatialOSの開発を行なっており、既に 無料のオープンベータ版の公開も行なっている。UnityやUnrealエンジンとの組み合わせも可能で、より豊かな世界のシミュレーションができるシステムとなる。

*SpatialOSはMMOなどのゲーム開発を主としているが、仮想空間の構築という点で、交通、水道・ガス・電気・下水、インターネットの接続状況を含んだ都市開発のシミュレーション用途への期待もあるようだ。

そんなImprobableに対してNetEaseは約55億円程、ソフトバンクなどは570億円規模の資金を投資している。本タイトルでは同ツールの可能性とNetEaseがこれまで取り組んできたマルチプレイの楽しさも含めた体験できそうだ。


 

 
 

■関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter

公式Facebook

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
6 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど