Aspyr Mediaに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ダークSFミステリー「TORN」がPSVRなどで8月28日にリリース 脚本や音楽は「バイオショック」の担当も

2018年08月27日 13時28分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



アメリカ・オースティンを拠点とするAspyr Mediaは、8月28日(現地時間)、VRを使ったダークSFアドベンチャー「TORN」のリリースを発表した。対応HMDは、PlayStationVR、HTC VIVE、Oculusとなる。

同タイトルは、Twilight ZoneとBlack Mirrorにインスパイアを受けている。ライターには「ストラングルホールド」や「バイオショック」などの脚本や音楽を務めたNeill Glancy氏(ライター)とSusan O’Connor氏(ライター)、Garry Schyman氏(作曲家)が担当しており、あの仄暗い世界観をVRで体験することができそうだ。
 
 





公開中の動画では主観視点で、古めかしい洋館を探索するプレイヤーの様子を見られる。また音楽のジャンルや男性のナレーションの使い方は非常に「バイオショック」を思わせる内容となっている。またDr.タルボットの重力ツールは、手首をひねるだけでピアノを投げ飛ばせる。これは「 Half-Life 2」のグラビティガンを思わせる。

同タイトルは、人が訪れることのない森の奥深くで、ビデオブロガーのキャサリン・パターソンは廃屋となった豪邸を見つける。邸宅には奇妙な機械があふれ不穏な実験の形跡が残っている。これは64年間以上も行方不明になっている有名なDr.ローレンス・タルボットの屋敷であることがわかる。

パターソンはこの物語を売れば一躍有名になり、大金が稼げると考えます……しかし、彼女が生きたDr.タルボットを見つけたとき、彼は別次元に囚われ、体を失っていました。パターソンは自分が間違っていたことに気付く——これは生涯をかけた物語になるのだと。 

Tornはストーリーパズルゲームとして始まり、あなたはタルボットが謎めいた機械を再起動して、屋敷を復活させる手伝いをする。その後、ゲームはダークなキャラクター主導の物語へと変化し、あなたは少しずつタルボットと彼が「パラレル」と呼ぶ新次元の真実に近づいていく。

■関連サイト

 

Oculus

PS STORE(北米)

STEAM

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【おはようVR】VRアトラクション『キャプテン翼』と『進撃の巨人』のロケテを開催 筋変位センサ利用した『FirstVRエクササイズ』をテスト配布
2 【PSVR】タクティカルFPS 『Firewall Zero Hour』のDLC配信開始 PS Plus加入者限定特典として「フェイスペイント ハロウィン」の無料配信の予定も
3 【PSVR】『絶体絶命都市4』のリリースは11月22日に 本日シータショップ溝の口でVR体験会を実施
4 【PSVR】SIE、360度全 方向でアクション『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』の体験版を配信開始
5 【PSVR】SIE、動物が主役のタワーディフェンス『Animal Force』の体験版を配信開始
6 タイトー、SME、ハシラス、VRアトラクション『キャプテン翼』と『進撃の巨人』のロケテを東京と大阪で開催
7 【おはようVR】『ボーダーランズ2 VR』がPSVRで12月リリース ハシラスがスペインのSextoSentidoLabsと業務提携で欧州展開など
8 【おはようVR】PSVR国内ランキングは『ASTRO BOT: RESCUE MISSION』が首位に 国立大学法人東北大学などが視線情報と脳活動の同時取得が可能な一体型デバイスを開発など
9 クラスター、カンファレンス「cluster2.0~これまでとこれから~」を『cluster』上で開催 10月17日21時からスタート
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど