Aspyr Mediaに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ダークSFミステリー「TORN」がPSVRなどで8月28日にリリース 脚本や音楽は「バイオショック」の担当も

2018年08月27日 13時28分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



アメリカ・オースティンを拠点とするAspyr Mediaは、8月28日(現地時間)、VRを使ったダークSFアドベンチャー「TORN」のリリースを発表した。対応HMDは、PlayStationVR、HTC VIVE、Oculusとなる。

同タイトルは、Twilight ZoneとBlack Mirrorにインスパイアを受けている。ライターには「ストラングルホールド」や「バイオショック」などの脚本や音楽を務めたNeill Glancy氏(ライター)とSusan O’Connor氏(ライター)、Garry Schyman氏(作曲家)が担当しており、あの仄暗い世界観をVRで体験することができそうだ。
 
 





公開中の動画では主観視点で、古めかしい洋館を探索するプレイヤーの様子を見られる。また音楽のジャンルや男性のナレーションの使い方は非常に「バイオショック」を思わせる内容となっている。またDr.タルボットの重力ツールは、手首をひねるだけでピアノを投げ飛ばせる。これは「 Half-Life 2」のグラビティガンを思わせる。

同タイトルは、人が訪れることのない森の奥深くで、ビデオブロガーのキャサリン・パターソンは廃屋となった豪邸を見つける。邸宅には奇妙な機械があふれ不穏な実験の形跡が残っている。これは64年間以上も行方不明になっている有名なDr.ローレンス・タルボットの屋敷であることがわかる。

パターソンはこの物語を売れば一躍有名になり、大金が稼げると考えます……しかし、彼女が生きたDr.タルボットを見つけたとき、彼は別次元に囚われ、体を失っていました。パターソンは自分が間違っていたことに気付く——これは生涯をかけた物語になるのだと。 

Tornはストーリーパズルゲームとして始まり、あなたはタルボットが謎めいた機械を再起動して、屋敷を復活させる手伝いをする。その後、ゲームはダークなキャラクター主導の物語へと変化し、あなたは少しずつタルボットと彼が「パラレル」と呼ぶ新次元の真実に近づいていく。

■関連サイト

 

Oculus

PS STORE(北米)

STEAM

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 Ubisoft、対戦型VR FPS『Space Junkies Open Beta』をPS STORE(国外)やSteamなどで配信開始 
3 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 PC向けの新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」が2019年春に登場 外部センサーいらずで価格は399ドルで
6 【おはようVR】PSVRを使った『シアタールーム VR』で『楽園追放』など劇場版アニメ3タイトルを有料配信 デジタルテーマパーク『リトルプラネット』がららぽーと横浜にオープン
7 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
8 SIE、PSVRを使った『シアタールーム VR』で『楽園追放』など劇場版アニメ3タイトルを有料配信へ
9 プレースホルダ、『リトルプラネット ららぽーと横浜』をオープン 4月に大宮、5月に松戸と3ヶ月連続で展開へ
10 【PSVR】『Beat Saber』が3月7日、ついに国内リリースへ
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど