Firewall Zero Hour、ソニー・インタラクティブエンタテインメントに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】SIE、対戦型FPS『Firewall Zero Hour』をリリース シューティングコントローラ利用で自宅がサバゲーフィールドに

2018年08月31日 12時02分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、8月30日、日本国内に向け、PlayStation4(PS4) 用ソフトウェア(PlayStationVR 必須)『Firewall Zero Hour』(ファイアウォール・ゼロ・アワー) の発売を発表した。

『Firewall Zero Hour』は PlayStationVR シューティングコントローラーにも対応した、最大4人対4人のオンライン対戦型シューティングゲームとなる。ゲーム内で、プレイヤーは匿名の契約者に雇われた傭兵となる。そして機密データを巡っての攻防戦が繰り広げられる世界へと、身を投じていく。作戦行動中、プレイヤーは仲間である「ハンドラー」からの連絡に よって機密データの場所を示され、目標を達成することで報酬を獲得することができる。

本作でプレイヤーは攻撃側(アタッカー)と防衛側(ディフェンダー)に分かれて戦う。戦いではボイスチャットなどによる、チームメンバー間での連携が重要なポイントとなる。攻撃側、防衛側ともに最新装備と綿密なタクティクスを駆使して、それぞれの目的達成を目指しよう。

勝利したチームは経験値とゲーム内通貨が獲得でき、獲得した経験値とゲーム内 通貨を使用し、新たな傭兵キャラクターや装備品を獲得することもできる。

全9ステージに及ぶ豊富なマップと総勢 12 名の個性豊かなキャラクターも本作の魅力となる。各ステージの特色を把握し、戦いを有利にすすめましょう。また、各キャラクターはカスタマイズも可能。キャラクターごとにメインスキルも異なるので、お気に入りのキャラクターを見つけてプレイしよう。
 
 

<『Firewall Zero Hour』 101:ゲームの魅力> 
https://www.youtube.com/watch?v=PJa7us5ebxQ

いかにして誰もが気軽に遊べる VR のマルチプレイ FPS に着手したのかを開発者たちが紹介しま す。その他にも、ゲームプレイの流れ、ヒントやテクニック、キャラクターのバックストーリーも垣間 見ることができる。

『Firewall Zero Hour』 101:VR の魅力>
https://youtu.be/PJa7us5ebxQ
 
本作の VR ゲームとしてのおもしろさについて開発者が紹介する。他のマルチプレイ FPS とは一 線を画す没入感を表現するために、PlayStation VRとPlayStation VR シューティングコントローラ ーの性能を最大まで引き出したことなどが語られる。

<『Firewall Zero Hour』 101:アタッカーの役割> 

https://www.youtube.com/watch?v=wX-vy6ORYWQ

  “攻撃側(アタッカー)”の役割やプレイのポイントを開発者が紹介する。目的達成のための戦略 やコミュニケーションの重要性など、これを見て“防衛側(ディフェンダー)”を制圧しよう。

<『Firewall Zero Hour』 101:ディフェンダーの役割> 

https://www.youtube.com/watch?v=GphbFWyTiII
 
“防衛側(ディフェンダー)”の役割や魅力を開発者が紹介する。トラップ系アイテムの使い方や オススメの戦略など、これを見て“攻撃側(アタッカー)”侵攻に備えよ!

<『Firewall Zero Hour』マップ紹介> 
 
ゲーム内で登場する合計9種類のマップを紹介する。それぞれのマップの特性をいち早く把握し、 戦闘を有利に進めよう!

<『Firewall Zero Hour』 コントラクター紹介>

https://youtu.be/FTUTK-skAHM​


<PlayStation4 用ソフトウェア『Firewall Zero Hour』概要>
 
作品名  Firewall Zero Hour(ファイアウォール・ゼロ・アワー) 
ジャンル  タクティカルマルチプレイヤーFPS 
対応機種  PlayStation 4、PlayStation 4 Pro 
PlayStation®VR  必須 
対応コントローラー  PlayStation VR シューティングコントローラー、DUALSHOCK 4 
プレイ人数  オンライン 1~8 人 
発売予定日  2018 年 8月30日発売予定 
価格  【Blu-ray DiscTM版】
通常版:4,900 円+税
「PlayStation VR シューティングコントローラー」同梱版:8,900 円+税 【ダウンロード版】
通常版:5,292 円(税込)
CERO  D(17 歳以上対象) 
開発元 First Contact Entertainment
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
公式サイト https://www.jp.playstation.com/games/firewall-zero-hour-ps4/
 


■関連サイト
 
 

PS STORE

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ソニー・インタラクティブエンタテインメントFirewall Zero Hour

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
6 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど