VR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

【PSVR】アクションADV『Kill-X(仮称)』が国内リリース決定 母の過去を探るために訪れた島で見たものは…

2018年09月11日 14時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は日本国内に向け、PlayStation4(PS4) 用/PlayStationVR(PS VR)専用ソフトウェア『Kill-X(仮称)』の発売を発表した。

『Kill-X(仮称)』は PlayStationVR 専用のファーストパーソンアクションアドベンチャーゲームとなる。アクション、パズル、そしてサスペンスの要素がバランスよく盛り込まれた作品となっており、プレイヤーは手に汗握るゲーム体験を楽しむことができる。
 

本作では PlayStationMove モーションコントローラーを 2 本使用して主人公の両腕を操作することができ、それぞれの腕で別々の武器を操れるだけでなく、様々な武器を組み合わせて使用することもできる。使用できる武器は 10 種類以上。それ以外にも近接攻撃や爆弾も 使用可能です。武器によってプレイスタイルが異なるので、状況によって武器を使い分けるこ とが攻略の重要なポイントとなる。

また、『Kill-X(仮称)』の魅力は戦闘だけにとどまらない。物語の舞台である Yingzhou 島 (瀛州島)には古代に仕組まれた罠やパズルが各所に散りばめられているので、プレイヤーの頭脳が試される場面が数多く存在し、自由に探索を楽しむこともできる。体力・知力を総動員して、島での生き残りをかけて戦おう。
 



<あらすじ>
特殊傭兵である主人公・タイヤは、自らの母の死をきっかけに疎遠となっていた母の古い 友人・クシャナと出会い、彼女と共に母の過去に関する情報が隠されているという Yingzhou 島(瀛州島)へ向かうことに......。

Yingzhou 島(瀛州島)は、ドラゴントライアングルという海域に囲まれた、予測不能の天候を 特徴とする悪名高い伝説の島。到着する直前、思いがけないアクシデントで離れ離れになっ てしまったタイヤとクシャナ。クシャナと合流する為、島の深部へと向かっていくなかで、その 島に隠された恐ろしい秘密が明らかになっていく......

 
作品名 Kill-X(仮称)
ジャンル VR アドベンチャー
対応機種 PlayStation®4、PlayStation®4 Pro
※ PlayStation®VR および PlayStation®Move 2 本必須
プレイ人数 1人
発売日 未定
価格 未定
CERO 審査予定
開発元 Viva Games
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■関連サイト
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 【PSVR】Winking Entertainment、FPS『アンアーシング・マーズ2』をリリース
4 バンダイナムコアミューズメント、名古屋に「VR ZONE Portal」併設の『あそびパーク PLUS』を9月28日にオープン
5 【おはようVR】セガ エンタテインメントがホラーVRアトラクション『タブー』をアキバで稼働 『みんなのGOLF VR』PV公開など
6 ピクシブ、3Dキャラの投稿プラットフォーム「VRoid Hub」を12月に提供開始
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
9 【おはようVR】OculusGo向け VR MV『クーロンズゲート VR suzaku』がTGSで先行展示 KDDIとWright Flyer Live EntertainmentがVTuber事業で協業など
10 ユニットコム、GeForce RTX 2080搭載BTO PCを販売開始 価格は214,980円から
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど