VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

マウスコンピューター、「GeForce RTX 2080」搭載PCを2機種発売 

2018年09月20日 10時56分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



マウスコンピューターは、9月20日、「GeForce RTX 2080」を搭載したハイエンドデスクトップパソコンとして、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」(ジーチューン)から「MASTERPIECE i1630PA3-SP」、クリエイター向けパソコンブランド「DAIV」(ダイブ)から「DAIV-DGX750H4-M2S5」の各1機種をWEBで販売を開始する。
 
本製品は、NVIDIA Turing アーキテクチャとGeForce® RTX グラフィックス プラットフォームを採用した最新の高性能グラフィックスカード 「GeForce RTX 2080 / 8GB」を搭載しており、リアルタイム レイトレーシング処理に優れた性能を発揮する。

価格は、「MASTERPIECE i1630PA3-SP」は29万9800円(税別)より、「DAIV-DGX750H4-M2S5」は 44万9800円(税別)より設定している。販売は、マウスコンピューター 各ブランドWEB サイトに加え、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップにて開始する。また、「MASTERPIECE i1630PA3-SP」はG-Tune : Garage 各店でも販売する。
 
■G-Tune 「MASTERPIECE i1630PA3-SP」製品特長                                                     

・リアルタイム レイトレーシング性能が大きく向上した最新グラフィックスカード

最新の高性能グラフィックスカード「GeForce RTX 2080」はNVIDIA Turingアーキテクチャとグラフィックス プラットフォームを採用しており、リアルタイム レイ トレーシング処理に優れた性能を発揮するグラフィックスカードとなる。リアルタイム レイ トレーシング対応のゲームでは光源、反射、影の処理をよりリアルに描写することが可能となり、最新のゲームタイトルなどでも今後使用すると発表している。
 
また、インテル Core i7-8700Kプロセッサーと組み合わせることで高負荷な 3D CG や物理演算を高速に処理することができる。
 
・G-Tune完成されたエアフロー、アクセスしやすい前面のインターフェース

ハイスペックパソコンの性能を発揮させるため、シャーシ底面全体を吸気口とすることで冷却性能を確保している。CPU やグラフィックスカードなど発熱が大きいコンポーネントを効率的に冷却し、温まった内気をシャーシ背面上段および中段から排気する自然かつ合理的なエアフローを採用している。

また、さまざまな外付けデバイスに対応可能なように、複数のI/Oポートを持ち、高速なデータ転送を可能とするUSB3.1ポートをType-A形状で2ポート(Gen2 背面×2)搭載している。また、VRデバイスなどの接続に使用されるUSB3.0ポートをType-A形状で6ポート(前面×2、背面×4)、旧来の周辺機器に採用が多い、USB2.0ポートも2ポート(前面×2)、それぞれ搭載しており、レガシーな周辺機器にも対応する柔軟性を備えている。

 
■DAIV 「DAIV-DGX750H4-M2S5」製品特長                                                    

・高い忠実度と高速描画を可能にするプロフェッショナル向けグラフィックス

最新のNVIDIA Turing GPUテクノロジーを搭載し、3DCGデザインやCAD、デジタルコンテンツ制作に高いパフォーマンスを提供するグラフィックス 「GeForce® RTX 2080」 を搭載しています。GDDR6タイプの8GB大容量高速グラフィックスメモリを備えることで、従来製品(GTX1080)と比べてメモリクロックとメモリ帯域幅が1.4倍(10→14Gbps・最大448GB/秒)に上昇しており、より多くのデータを高速で受け渡すことができます。さらにリアルタイム レイ トレーシングをはじめとした新しい技術に対応することで、より高速な処理速度を実現します。
 
・高速プロセッサー&大容量システムメモリ

CPUには10コア/20スレッドに対応するハイパフォーマンス 「インテル Core i9-7900X プロセッサー」、システムメモリには32GB(8GB×4、クアッドチャネル対応)を搭載することで、負荷の高い複数のタスクを同時に処理することが可能となる。ハイエンド向け インテル X299 チップセット により、CPU、メモリ、グラフィックス、ストレージが高速なデータ転送を行うことが可能となり、システム全体として高いパフォーマンスを発揮する。
 
・DAIVの実用性を重視した多様なインターフェースとハンドル&キャスター装備

さまざまな高速デバイスに対応できるように、複数のI/Oポートを持ち、高速なデータ転送を可能とするUSB3.1ポートをType-A形状とType-C形状で各1ポート(Gen2背面×2)、USB3.0ポートをType-A形状で6ポート(前面×2/背面×4)搭載しており、レガシーな周辺機器にも対応する柔軟性を備えています。USB3.1(Gen2)はUSB3.0規格の製品に対して、理論上2倍の転送速度(5Gbps→10Gbps)を持ち、大容量データを高速に取り込むことができる最新の高速インターフェースとなる。

また、制作環境におけるスタジオ内での持ち上げ・移動を便利にする標準装備のハンドルに加えて、耐久性の高いボールベアリングを採用した専用キャスターも標準装備しており、スムーズな移動を可能にする。
 
・24時間 365日無償電話サポートで安心をフルサポート                                                   

24時間の無償電話サポートサービスと1年間の無償修理保証に対応しており、購入後も万全な体制でバックアップする。(弊社の定めるメンテナンス日を除く)。
 


気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】斬って刻むリズムゲーム『Beat Saber』が11月20日北米で配信へ
2 【PSVR】PlayStationStoreで「BLACK FRIDAY セール」を開催 『Skyrim VR』や『クーロンズゲートVR suzaku』などが対象に
3 【おはようVR】ローグライトシューター『In Death』がPSVR近日リリース 「初代ポンコツ女王決定戦?!ガチンコクイズBATTLE in cluster」を12月2日に開催など
4 AWA、新感覚ARコンテンツ『CONNECTED by AWA P[AR]TY』を公開 11月24日にDeNA主催の「Design Scramble 2018」にて
5 アカツキライブエンターテインメント、横浜駅直通の複合型体験エンタメ施設「アソビル」を2019年初春にオープン 脱出ゲームやVRなども展開
6 MyDearest、VRミステリーアドベンチャー『東京クロノス』の第2弾トレイラーを公開 OPテーマは藍井エイルさん「UNLIMITED」に決定
7 【おはようVR】シューターとMOBAを組み合わせたACT『MEGALITH 』ベータ版がPSVRでリリース カヤックが大晦日にVTuberによる歌合戦イベント開催など
8 【PSVR】『エベレストVR』開発のSólfar、新作ローグライトシューター『In Death』を11月27日にリリース
9 【おはようVR】「シャークネード」のVR ACTゲームが配信 「TYFFONIUM SHIBUYA」が11月23日にオープンなど
10 【おはようVR】THE GAME AWARDS 2018ノミネート作品発表 LATEGRA、『VIRTUAL LIVE ARENA』をVR空間に建設など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど