VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

meleap、テクノスポーツHADOのブランドイメージを刷新 よりスポーツを意識したデザインに

2018年09月26日 14時29分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



テクノスポーツHADOを提供するmeleapは、HADOサービスのロゴイメージの刷新を発表した。ブランドイメージを再定義することにより、よりスポーツを意識したイメージを提案するという。その第一弾として、HADOサービスロゴ、そして、キービジュアル、プロモーションビデオも刷新している。 
 

【デザインコンセプト】
『テクノロジーとスポーツの融合』HADO=波動、エナジーボールをメインモチーフとしている。スポーツ性をシンプルなラインで演出しつつ、テクノロジー(AR、デジタル)を未来を感じさせる有機的なラインで表現した。

『シンボルマーク』
波動エネルギーそれ自体が前に進む圧力、推進力を表している。ARという新しいフィールドと、スポーツならではのスピードとパワーを体現した。

【年内のサービス刷新予定】

今後はロゴ以外にも、デザインや競技性をより高め、スポーツとしてHADOを広めていく。HADOサービスはすでに16カ国26箇所に店舗がグローバル展開しており、今年末も世界大会であるHADO WORLD CUPを開催している。

・UI(ユーザインターフェース)の刷新
・HADOサービスサイトの刷新


■9月21日に公開されたHADOの新プロモーションビデオ
 

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題の最新のAR技術を使ったスポーツとなる。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験している。

【TOPICS】「HADO WORLD CUP 2018」
 

2018/12/08にスターライズタワーで開催となる 「HADO WORLD CUP 2018」には、各国で開催された予選大会を勝ち抜いた12〜16チームが参加する予定という。そのうち海外からは4〜6カ国の参戦を予定している。日本国内では現在HADO SPRING CUP優勝のわちゃわちゃ☆ピーポーが出場決定している。

HADO WORLD CUPの報酬総額は300万円、1位チームにはなんと協賛スポンサーから200万円の高額報酬が支払われる。9月下旬現在、WORLD CUP予選が体験施設で実施している。

【HADO WORLD CUP 2018 開催概要】
日程:2018/12/08
会場: スターライズタワー
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 クラスター、コロプラ主催のアニソンフェス「Vアニ」ライブを8月18日に開催 樋口楓、富士葵、YuNiらが集う
9 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど