VR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

​Rovio、MRグラスMagic Leap向けにFPS視点になった『アングリーバード』を提供

2018年10月09日 13時26分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



Rovioは、Resolution Gamesと共に、現実の世界とデジタルを合成するミックスリアリティを用いたでデバイス「Magic Leap One Creator Edition」に同社の人気シリーズアングリーバードの新作『Angry Birds FPS: First Person Slingshot』を今秋に提供すると発表した。

今回プレイするプラットフォームはゴーグル型になることもあり、ゲームは主観視点となっている。ゲームは自身がいる世界にステージを構築し、バードを引っ張り目標に当てるというもの。ゲーム性は従来の『アングリーバード』を踏襲しているように見えるが、主観視点になったことで、大きく異なる印象となる。同デバイスのコントローラーを実際に引っ張るような所作でプレイしているのも特徴的となる。
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 Tokyo XR Startup、Vtuber育成プログラム相談会やインキュベーションプログラムなどを開催 gumi会長の國光氏やActiv8プロデューサーらの講演も実施
2 【TGS2016】前代未聞のチューブ型「一次元ゲーム」が三冠を達成! 9回目を迎えたセンスオブワンダーナイトは今年もユニークな作品がずらり
3 【おはようVR】PSVRで『DRONE STRIKER』配信開始 「TYFFONIUM」でハロウィン期間限定イベント Tokyo XR StartupがVtuber育成プログラム相談会など
4 アンビリアル、スマホでできるアバターライブ配信アプリ『トピア』をリリース
5 【PSVR】PARK ESM、パズルゲーム『BUGSBOX VR』をリリース 悪い昆虫から知恵を駆使してハニーランドを守ろう!!
6 meleap、法人企業様向けの体験イベントを開催 10月27日〜10月29日までラグーナテンボスにて
7 【PSVR】USERJOY、『DRONE STRIKER』を配信開始 シューティングコントローラー対応でゲーセンの射撃感を再現
8 凸版印刷、ロボットの遠隔操作用途のHMDを開発 2020年度の実用化を目指す
9 ティフォン、次世代VRテーマパーク「TYFFONIUM」でハロウィン期間限定イベントを開催 
10 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど