VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

360°アクションカメラ「Insta360 ONE X」がハコスコで予約受付を開始 強力な手ぶれ補正とスローモーション撮影機能で新境地へ

2018年10月12日 14時37分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ハコスコが国内代表代理店を務める360度カメラ「Insta360シリーズ」のメーカーShenzhen Arashi Visionは、アクションカメラの未来とも言える360°度カメラ「Insta360 ONE X(以下、ONE X)」を発表した。価格は52,300円(税込)となる。

同製品は5.7K 高画質・高フレームレート、1800万画素となる。オリジナル画質が高いため、360度撮影であらゆる方向を綺麗に記録できる。動きの多いシーンの撮影においては、50 FPS (4K)及び100 FPS (3K)の撮影モードを選択できるため、激しい動きも滑らかに再生。またFlowState手ブレ補正機能により、カメラ単体で驚くほど揺れのない滑らかな動画を撮影できる。ONE Xをヘルメットや自撮り棒、ボート等、どこにつけても、プロ級の手ブレ補正をかけられる。

写真撮影に専用のHDRモードを実装。更に撮影環境に合わせて、ISO感度、EV値、ホワイトバランス、シャッター速度を手動調整できる。タイムラプス、ハイパーラプス、インターバル撮影などの機能も搭載。また、Insta360 ONEでお馴染みの「バレットタイム撮影」の画質は、3Kにレベルアップした。

また優れたアプリ編集機能を備えており、360度撮影が終わってからゆっくりと誰かに見せたいアングルを切り出しする魔法のような映像編集ができる。気に入ったシーンを様々な角度から切り出したり、映画のようなカメラワーク(スローモーション)をかけることもできる。

ONE Xは、接続方法にWiFi接続が追加されている。遠隔でプレビューを見ながら撮影・操作することができるようになった。撮影した画像をスマホで編集・シェアする際は、WiFi経由またはONE X付属の変換ケーブル(ライトニング、USB Type-C及びMicro-USB)を使用すれば、スマホへの高速転送ができる。
 

また今回特徴的なのは、別売りのオプション「ドリフトダーツ」を使用することで、カメラ自体を投げ非常に従来では出来なかった撮影ができるようになっていることだ。(上記動画の1分40秒から)
 


 
 
■製品仕様
 
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
3 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
4 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
5 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
6 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
7 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
8 クラスター、コロプラ主催のアニソンフェス「Vアニ」ライブを8月18日に開催 樋口楓、富士葵、YuNiらが集う
9 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど