VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

マウスコンピュータ、「RTX 2080 Ti」と「Core i9-9900K」搭載PCを10月22日から発売 35万9800円(税別)から

2018年10月19日 22時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



マウスコンピュータは、10月22日に、最新のインテル第 9 世代 CPUと「GeForce RTX 2080 Ti」を搭載したハイエンドデスクトップパソコンとして、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」から「MASTERPIECE i1640PA2-SP2」をWEBで販売を開始すると発表した。

本製品は、8コア/16スレッド駆動する最新 CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」を搭載しており、前世代のインテル Core i7-8700K プロセッサーと比べて6コアから8コア、スレッド数は12から16へ増強され、物理演算能⼒が必要とされるゲームタイトルにおいてさまざまな物の動きを滑らかに表現できる。

また、最新ハイエンドグラフィックス「GeForce RTX 2080 Ti」を搭載することで、リアルタイム レイ トレーシング処理に優れた性能を発揮する。

価格は、35万9800円(税別)より設定しており、BTO(Build To Order)により、最大64GB メモリ、NVMe対応 1TB SSD、8TB ハードディスク等を選べるシリーズとして展開する。販売は、マウスコンピューター WEB サイトに加え、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune : Garage 各店にて行う。

■製品特⻑

・8コア/16スレッドの最新 CPU を搭載したハイスペックモデル
本製品は、8 コア/16 スレッド駆動する最新 CPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」を搭載している。前世代のインテル Core i7-8700K プロセッサーと比べて 6 コアから 8 コア、スレッド数は 12 から 16 へ増強、動作周波数は通常時が3.60GHz、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー使用時は最大 5GHz で駆動する。物理演算処理能⼒が最大で約 32%向上しており、物理演算能⼒が必要とされるゲームタイトルにおいて人物や物の動きを滑らかに表現することができる。
 

<測定環境>
本製品︓インテル Core i9-9900K プロセッサー / 32GB メモリ / GeForce RTX 2080 Ti(11GB)
比較製品︓インテル Core i7-8700K プロセッサー / 32GB メモリ / GeForce GTX 1080 Ti(11GB)
3DMark Fire Strike Physics score を測定 


■最新ハイエンドグラフィックス GeForce RTX 2080 Ti を搭載
最新の高性能グラフィックスカード「GeForce RTX 2080 Ti」は NVIDIA Turingアーキテクチャとグラフィックスプラットフォームを採用しており、リアルタイム レイ トレーシング処理に優れた性能を発揮するグラフィックスカードとなる。リアルタイム レイ トレーシング対応のゲームでは光源、反射、影の処理をよりリアルに描写することが可能となり、最新のゲームタイトルなどでも今後使用することを発表している。

また、3D 描画処理能⼒も前世代グラフィックスから約 16%向上しており、最新の高精細な 3D ゲームタイトルのプレイにも最適なモデルとなっている。
 

<測定環境>
本製品︓インテル Core i9-9900K プロセッサー / 32GB メモリ / GeForce® RTX 2080 Ti(11GB)
比較製品︓インテル Core i7-8700K プロセッサー / 32GB メモリ / GeForce® GTX 1080 Ti(11GB)
3DMark Fire Strike Graphics score を測定 

■完成されたエアフロー、アクセスしやすい前面のインターフェース
ハイスペックパソコンの性能を発揮させるため、シャーシ底面全体を吸気口とすることで冷却性能を確保している。CPU やグラフィックスカードなど発熱が大きいコンポーネントを効率的に冷却し、温まった内部の空気をシャーシ背面上段および中段から排気する自然かつ合理的なエアフローを採用している。

また、さまざまな外付けデバイスに対応可能なように、複数の I/O ポートを持ち、高速なデータ転送を可能とするUSB3.1ポートを Type-A、Type-C 形状で各1ポート(Gen2 背面×2)搭載している。また、VR デバイスなどの接続に使用される USB3.0ポートを Type-A 形状で6ポート(前面×2、背面×4)、旧来の周辺機器に採用が多い、USB2.0ポートも2ポート(前面×2)、それぞれ搭載しており、レガシーな周辺機器にも対応する柔軟性を備えている。
 

■製品仕様 


■24 時間 365 日無償電話サポートで安心をフルサポート
24 時間 365 日の無償電話サポートサービスと 1 年間の無償修理保証が付属し、購入後も万全な体制でバックアップする(弊社の定めるメンテナンス日を除く)。 


■関連サイト
 

G-Tune

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
5 マウスコンピューター、薄さ約2cmのクリエイターPC「DAIV-NG5510」シリーズを販売開始 GTX1050搭載で14万9800円(税別)から
6 PC向けの新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」が2019年春に登場 外部センサーいらずで価格は399ドルで
7 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
8 【おはようVR】PSVRを使った『シアタールーム VR』で『楽園追放』など劇場版アニメ3タイトルを有料配信 デジタルテーマパーク『リトルプラネット』がららぽーと横浜にオープン
9 プレースホルダ、『リトルプラネット ららぽーと横浜』をオープン 4月に大宮、5月に松戸と3ヶ月連続で展開へ
10 Ubisoft、対戦型VR FPS『Space Junkies Open Beta』をPS STORE(国外)やSteamなどで配信開始 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど