カヤックに関するVR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

カヤック、仮想空間プラットフォーム『VR SPARC』を発表 VTuberや音声通話に対応…ライブや展示会の実施も視野に

2018年11月02日 14時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



カヤック<3904>は、11月2日、多人数がリアルタイムに参加しコミュニケーションできる現実を超えた 3D の仮想空間プラットフォーム『VR SPARC』を発表した。

『VR SPARC』は、現在、急増するVTuberや音声通話にも対応し、同社が培ってきた VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の表現技術を活かすことによって現実世界では難しい演出を可能とし、かつてない体験を視聴者に提供するという。同社は、全てのエンターテインメントを拡張する空間(プラットフォーム)としている。

また、配信者と視聴者間のインタラクション(双方向対話)だけではなく、コミュニケーションの表現技術に重点をおくことによって、参加する視聴者同士がストレスを感じることなく「仮想空間プラットフォーム、VR SPARC」で展開されるコミュニティを形成することを可能としている。

将来的に、従来のライブイベントや展示会などのエンターテインメントに『VR SPARC』を用いることで、地理的制約を超えて世界中の人々にコンテンツをとどける事業にチャレンジする。

今年度末には「VR SPARC」を活用した大型イベント開催も行う。イベントはVR・AR 技術を活かしたコンテンツの企画・制作で実績をもつ同社のクリエイティブ・ディレクター天野清之氏(あまのきよゆき)をプロデューサーとし、最先端の映像体験を提供するとのこと。ユーザは、ヘッドマウントディスプレイを用いた完全没入型の VR 体験や、パブリックビューイング等2D映像による参加も可能となる。

■クリエイティブ・ディレクター天野清之(あまのきよゆき)

「現実を超える没入感」を目指して、カヤック・クライアントワーク事業部で VR 技術、体験型展示技術を用いた コンテンツの企画・開発を手がける。ソニーインタラクティブ・エンターテイメントと協力し傷物語 VRの企画・開発。今年9月、日経イノベーション・ラボとカヤックが「ピエール・ボナール展」における新しい絵画展示として共同開発した「画家が見ていた世界を仮想現実(VR)で再現する技術『Art Immersion Technology(AIT)』」企画・演出等を担当した。
 



■関連サイト
 

VR SPARC

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カヤック

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【イベントレポート】PS4ProとPS4の性能比較 センスオブプレゼンス高める更なる可能性とは…「VR Tech Tokyo#4」レポートその3
3 CRI、高度なサイトを実現するWEB動画ミドルウェア「LiveAct® PRO」提供開始 スワイプで360度視点を移動できる商品画像など
4 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
5 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
6 ジェネシスホールディングス、一体型VR HMD『DIGI+ DGP-VRG01』を販売開始 価格は52,800円から
7 Beijing Pico Technolog、スマホを装着するタイプのVRHMD「Pico 1」の販売開始
8 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
9 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
10 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど