VR新作記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

MXモバイリング、「VR消火訓練シミュレータNeo」の販売を開始 スタンドアロン型VRゴーグル「Pico Neo」を使用

2018年11月08日 14時15分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



MXモバイリングは、VR技術を活用した、消火訓練システム(VR消火訓練シミュレータ)の新製品「VR消火訓練シミュレータNeo」を開発し、販売を開始した。ケーブルやトラッキングセンサーが不要な消火訓練VRシステム(インサイドアウト式モーショントラッキング技術)を採用したスタンドアロン型VRゴーグル「Pico Neo」を使用の製品化は日本初となる。

■『VR消火訓練シミュレータNeo』による体験イメージ

本システムは、体験者がVRゴーグルを装着し、実際に歩くことで、CGで作成された仮想オフィス空間での火災現場内を自由に移動しながら、消火器のレバーを握って仮想空間内に消火剤を放射する消火訓練を行うもの。これにより、これまで体験学習が困難だった“火災現場を移動しながら消火する”という動作を、VR体験を通じて学ぶ事ができるようになった。なお、本システムは東京ミッドタウンマネジメントの防火訓練用に導入した。

本システムの主な特長は以下の通りです。

1. VRゴーグルだけで使えるからどこでも利用可能

VR空間内を歩いて移動するためには、VRゴーグルとハイスペックPCをケーブルで接続し、周辺の空間にトラッキングセンサーを設置する必要があったため、これまでは限られた条件の下でしか体験が行えなかった。今回、ワイヤレスモーショントラッキング機能を内蔵したオールインワンのVRゴーグルを採用することにより、訓練用消火器とVRゴーグルのみのシンプルな機器構成が可能となり、場所を問わず(注5)VR空間を歩いて移動する体験ができるようになった。



左:訓練用消火器(コントローラー) 右:VRゴーグル(Pico Neo)


2. 訓練項目が増加

(ア) 消火器の使い方を再現

消火する際の一連の動作を、VR機器だけでなく、実物の訓練用消火器をコントローラーとして利用することにより、“安全ピンを抜き、ホースを火元にむけ、レバーを握って消火剤を放射する”という消火器の使い方を再現した。これにより実物と同様の消火器の操作要領を学習することができる。


(イ) 適切な消火位置を学習

退出路の確認・確保、火元との適切な消火距離など、屋内での初期消火で重要な動作をVR空間で学習できます。特に、VR空間を歩いて移動できる特性を活かし、適切な消火位置へ移動してから消火を開始し、火災が小さくなったら接近するという動作を学ぶことができる。


(ウ) 消火失敗時の避難方法も学習

万が一、初期消火に失敗した場合はただちに避難する必要がある。煙が立ち込める中、熱と煙から身を守るための“低姿勢での避難行動”を、体験しながら学習することができる。


3. 火災の発生が想定される場面を追加

標準で用意したオフィス内における火災の発生場面に加え、ユーザーニーズに対応してキッチン・工場などの火災の発生原因を想定した場面の追加などのカスタマイズが可能となる。


<商品紹介ページ>
https://biz.mxmobiling.co.jp/service/vr/

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 【PSVR】『シアタールームVR』で『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』など、シリーズ計10タイトルの有料・無料配信を開始
3 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
4 ディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のVRが登場 米国の4D VRアトラクション「The Void」にて
5 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
6 【PSVR】思わずその世界に入り込む 「シューティングコントローラー」対応タイトルを一挙公開
7 【PSVR】『グランツーリスモSPORT』アップデートでVRタイムトライアルや筑波サーキットなどを追加
8 【イベント】ARライブの新しい可能性を示した「AR performers 1st A’ LIVE」をレポート…内田明理氏が手掛ける注目プロジェクト
9 【PSVR】SIE、『宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮)』を2018年冬にリリース予定 11月開催の国内ツアーから2曲を収録
10 【PSVR】『絶体絶命都市4』が10月25日に発売 『防災マニュアル』も無料公開へ…シナリオでは災害時の"デマ"に関した内容も
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど