VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ジャパンディスプレイ、 自社製液晶パネルを搭載したVR HMD「VRM-100」を12月から販売開始

2018年11月27日 11時08分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ジャパンディスプレイ<6740>は、11月27日、バーチャルリアリティ(以下、VR)専用に開発した液晶パネルを搭載した高精細VRヘッドマウントディスプレイ VRHMD (型名: VRM-100) の開発を発表した。

従来のVRHMD製品は、高精細ディスプレイと各種センサーやコントローラを搭載したゲーム向けハイエンド製品と、ディスプレイ性能などを犠牲にして価格を抑えた製品のセグメントに分かれていた。ゲーム用途でない高画質VRコンテンツを体験するにもハイエンド製品を購入する必要があるという課題を解決するため、同社は、精細度などディスプレイ品質に特化したVRHMDを開発し、販売を開始にいたったという。

VRM-100では、高精細液晶パネルとジャイロセンサーを搭載したVRモニターユニットを付属VRゴーグルに取り付けることで、高精細のVR映像を見られる。付属VRゴーグルは清掃しやすいように分離可能な構成となっており、店頭や展示会等の不特定多数の方が使用する環境でも清潔な状態で使用可能とのこと。

ハイエンドVRHMDに実装されている外部ヘッドトラッキングセンサー及びコントローラを省き、高画質なVR映像を視聴する事に特化した製品となる。

同社はこれまで、VR専用液晶ディスプレイの開発・製造・販売のみを行ってきたが、 VRHMDにも事業領域を広げる。なおVRM-100は当面の間、日本国内の企業の開発者様向け限定で販売をしていく、と説明している。

予約開始日は12月3日を予定しており、製品は12月中旬以降発送を予定している。

■VRM-100製品概要
 
ディスプレイ VR専用高精細液晶ディスプレイ
解像度 2880 × RGB × 1600(615ppi)
リフレッシュレート 80 Hz (60 Hz) 自動切り替え
PC側接続インターフェース HDMI及びUSB3.0接続
センサー ジャイロ及び地磁気センサー搭載(3-DOF)
音声 ステレオサウンド出力端子
重量 336g (ケーブル含まず)
外形寸法 175 × 98 × 116mm
PC推奨環境
OS:
Windows 10
GPU:
NVIDIA GeForce GTX1060以上
AMD Radeon RX580以上
開発環境 Unity用OpenVRのドライバを提供予定
製品構成 VRモニターユニット、専用ケーブル、VRゴーグル
備考 本製品はPC接続型製品。
日本国内の企業様のみへの販売となる。

■関連サイト
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 【PSVR】ガンシミュレーター『Gun Club VR』が国内で配信開始 
2 Vuzix Corporation、ARスマートグラスでYelpやニュースアプリの利用が可能に
3 【PSVR】ホラーFPS『Immortal Legacy: The Jade Cipher』が海外で配信開始  
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
6 プレースホルダ、スマートフォン向けのARアプリ『Little Planet AR PLAYGROUND』の配信開始 飛び出す塗り絵やしゃべるクッキーなど
7 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
8 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
9 「ジェクサー・フィットネス&スパ上野」、VRを使ったエアロバイクを導入
10 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど