VRキャンペーン記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

VRMコンソーシアムが2019年2月に発足 共通ファイルフォーマットでVRの発展を…オブザーバーとして任天堂も参加

2018年12月21日 11時58分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



IVR、エクシヴィ、S-court、DUO、ドワンゴ、バーチャルキャスト、ミラティブ、Wright Flyer Live Entertainment、クラスター、クリプトン・フューチャー・メディア、SHOWROOM、ピクシブ、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、2019年2月に「VRMコンソーシアム」を設立すると発表した。

VR業界のさらなる躍進を掲げる共同事業体だという。

設立の背景には3D アバターモデルデータの取り扱い時に仕様が異なることやアバター自体がVR向けに複雑な調整作業が必要であったこと。また3Dモデルの知的財産権・VTuber自身の人格の取り扱いなど、新たな権利保護の概念が生まれていることなどがある。そこで今回の設立によって、これらの問題を解決すると共に、ファイルフォーマット「VRM」の策定することで細かいモデルデータの差違を吸収・統一、より簡易化することでさらなる普及を目指すのが狙いとしている。

なお、今回発起人となる 13 社に加え、設立にむけて今後も加入企業を随時募集やオブザーバーとして任天堂の参加が決定しているという。

【VR 向け・3D アバターファイルフォーマット「VRM」 とは】
「VRM」はプラットフォーム共通のファイル形式で、対応アプリケーション全てにおいて同じアバター(3D モデル)データを使うことができる。これにより、生放送、動画、ゲーム、チャットなど、それぞれで存在する VR 世界が繋がり、プラットフォームを超えた自由なコラボレーション実現の一助となることを目指す。なお、「VRM」形式とその標準実装(Unity 対応)はすべて無料かつ自由に使用できるようオープンソースで公開している。

■関連サイト
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
2 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
3 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
4 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
5 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
6 FitXR、『BoxVR』を国内PS STOREで配信開始 先行公開の米国・欧州では累計1億カロリー以上を消費!!
7 【モバイルVR紹介】女の子を熱い眼差しで衣装チェンジ! 『ポケカノ』シリーズのVRデモアプリ『ポケカノVR』
8 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
9 Polyarc、『Moss』がOculus Questに登場 ゲームで新章の追加も
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど