VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

リブゼント・イノベーションズ、VTuberのコラボライブ配信アプリのα版を1月14日まで期間限定でテスト公開

2019年01月07日 13時23分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



リブゼント・イノベーションズは、VTuberのコラボライブ配信ができるWindows/Macアプリ『vmeets LIVE!』の開発し、アルファバージョンとして1月14日まで期間限定でテスト公開すると発表した。

同アプリは複雑な準備が必要だったVTuberのコラボライブ配信を誰でも簡単に行えるという。

■『vmeets LIVE!』の特徴
『vmeets LIVE!』は、Live2Dのマイアバターをアップロードして同時に4人まで、「動きのある」コラボ配信を誰でも画期的に簡単に行うことができるツールとなる。単独で配信をする場合も同様に手順が楽になる。2019年は「コラボ配信元年」として誰もが気軽にアバターになり、時には単独で、時には他のアバターと共同で、思い思いの情報発信をして行ける時代になる。

現在期間限定で、アルファテスト版を無料公開中しており、アカウントも不要なので気軽に利用できる。


■開発に至った背景
<2019年はコラボ配信元年~誰でも画期的に簡単にVTuberのコラボ配信を可能に~>
できて当たり前に思えるVTuberの「コラボ配信」ですが、これまではVTuberやVLiverが複数人で同時に配信を行う場合、複数のソフトウェアを組み合わせる必要があり、大変に手間のかかる準備が必要だった。また、コラボ配信が出来たとしても、アバターの絵が横に並んだだけで動きのない表現にとどまるケースも多くある。

そのような課題を解決するべく、アバターによる新時代のテレコミュニケーションツール「vmeets(※)」の開発で培ったアバター制御技術・通信技術・高度でなめらかなUI技術を活用することで「ありそうでなかった」VTuber/VLiver向けのコラボ配信支援のスピンオフツールとして『vmeets LIVE!』を開発した。


■『vmeets LIVE!』の特徴
 
『vmeets LIVE!』は、Live2Dのマイアバターをアップロードして同時に4人まで、「動きのある」コラボ配信を誰でも画期的に簡単に行うことができるツールとなる。単独で配信をする場合も同様に手順が楽になる。2019年は「コラボ配信元年」として誰もが気軽にアバターになり、時には単独で、時には他のアバターと共同で、思い思いの情報発信をして行ける時代になる。

現在期間限定で、1月14日までアルファテスト版を無料公開しております。アカウントも不要ですのでお気軽に楽しめる。

※「vmeets」とは

「vmeets」は「アバターによる新時代のテレコミュニケーションツール」として、Windows/Mac/iOS/Android/VR/ARデバイスにてクロスプラットフォームで開発しいる、全く新しい21世紀型の複合サービスとなる。「vmeets」ではアバターを用いて誰でも気軽に性別・年齢・国籍を越えて仕事のコミュニケーション、学びのコミュニケーション、プライベートのコミュニケーション、エンターテイメントのコミュニケーションを行う事が出来る。

自動文字起こしや音声保存、自動翻訳、スマート議事録など既存のビデオチャットツールやテキストチャットツールの機能を上回る便利さで、テレコミュニケーションの観点から「働き方改革」「学び方改革」「遊び方改革」をもたらす。
(下記ページの「会議を始める」ボタンから一部機能をご利用いただけます)

詳細: https://broadcast.vmeets.io/?fbclid=IwAR3as5B1KASXPHcUzlphvVOtDIFKAMhZrew7jWJ6NDLj4curQ-ydiiRDjyA

■「vmeets」と「vmeets LIVE!」の今後の展望

「vmeets」及び「vmeets LIVE!」では今後、

・Live2D形式に加えてVRM形式の3Dアバター対応

・PC版とシームレスにつながるVR版/スマホ版

・シンプルで高度なカスタマイズができる配信レイアウト機能

・講義やカンファレンスで使えるインタラクティブなコミュニケーション機能と多人数通信

・企業でも安心して使えるセキュリティ対応

など、本格的な機能拡充を進め、アバターを介したコミュニケーションが、用途も老若男女も問わずにナチュラルに生活に根ざした形で浸透していく未来を促進する、と同社は説明している。


■関連サイト

公式サイト

 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
2 【PSVR】『Littlstar VR Cinema』が1.07にバージョンアップ USB接続したHDDにある3DVR動画の再生などが可能に
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 SIE、PSVRを使った『シアタールーム VR』で『楽園追放』など劇場版アニメ3タイトルを有料配信へ
5 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
6 【PSVR】『DOAX3』のVRパスポートは本日リリース 製品版は期間限定で無料アップデートが可能…2月13日まではお得な価格での購入も
7 プレースホルダ、『リトルプラネット ららぽーと横浜』をオープン 4月に大宮、5月に松戸と3ヶ月連続で展開へ
8 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
9 【おはようVR】『ドラゴンクエストVR』のクーポン付き巨大ウォール広告登場 RICOH THETA Z1」を発売延期など
10 『狼と香辛料』の作者である 支倉 氏が代表のSpicy Tails、VRアニメ『ProjectLUX』Oculus版をリリース
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど