VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

Microsoft HoloLensを使用した「Pokémon GO AR展望台」が六本木ヒルズで開催

2019年02月22日 11時55分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



2月23日から3月3日までの9日間、テクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo(MAT)」の一環として、六本木ヒルズ 52階 展望台「東京シティビュー」にて「Pokémon GO AR展望台」を展示する。

Microsoft HoloLensを活用した専用デバイス「ポケモンスコープ」を着けると、展示範囲のAR世界のポケモンたちが「東京シティービュー」に実物サイズで登場する。ポケモンたちをより身近に、現実に感じていただくと同時に、AR技術の観点からも楽しめるように設計したという。海抜250mの展望台から見える東京の風景を背景にポケモンたちが目の前で躍動する姿を見てみよう!

なお、今回の展示はNianticとポケモン、『Pokémon GO』公式パートナーのソフトバンクの共同制作となる。「ポケモンスコープ」アプリケーション開発はTHINK AND SENSE様が担い、Microsoft HoloLensは日本マイクロソフトが提供している。ぜひこの機会に、ARの世界と現実の世界が入り混じる特別な空間を体験しよう。

■イベント開催概要
イベント名:Media Ambition Tokyo
場所:六本木ヒルズ 52階 展望台「東京シティビュー」
期間:2月23日から3月3日
 
・注意事項
混雑時には整理券対応となる可能性がある。「Pokémon GO AR展望台」の体験は無料ですが、「東京シティビュー」への入場料がかかる。一般当日1,800円、シニア(65歳以上)1,500円、学生(高・大学生)1,200円、子供(4歳〜中学生)600円
本展示に関する『Pokémon GO』ゲーム内での特別なイベントの予定はない。
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
4 PS4Proの分解ムービーが、ソニーのYouTube公式チャンネルで公開に
5 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
6 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
7 【おはようVR】PSVRでは『FarPoint』のPVが公開 『Google Earth VR』がoculusでリリース、Steam版もアップデート
8 360Channel、TGS2017で中止になった伝説の「ぎゃる☆がん2」イベントをVR動画で公開 
9 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
10 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど