VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

フィンランド・ヘルシンキ、「Slush Tokyo 2019」に「VRヘルシンキ」を出展 

2019年02月26日 13時05分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



フィンランドのヘルシンキ市は、2月22日・23日に東京ビッグサイトにて「Slush Tokyo 2019」に出展したと発表した。「Slush Tokyo 2019」は、フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベントで、2008年の初回開催からわずか10年間で、国際的な人材とビジネスモデルが育まれる土壌をフィンランドの地に作り出し、東京、シンガポール、上海にも拡大するグローバルなムーブメントにまで発展しているという。東京では、今年で5回目の開催となった。 

フィンランドと日本が外交関係を樹立して100周年を迎えたメモリアルイヤーの今年、ヘルシンキブースではバーチャル・ヘルシンキ(VRヘルシンキ)という、VRヘッドセットを使って元老院広場など、ヘルシンキ市を代表する名所・建築物を実際に訪問しているかのようなツアー体験を実施した。また、フィンランド生まれのキャラクター・ムーミンを起用しGPS(位置情報)を使ったARゲーム「ムーミンムーブ」など、スタートアップのゲーム会社10社による最新スマホゲームの紹介しました。

ヘルシンキ市、市長室のIina Oilinki(イーナ・オイリンキ)氏は、「今年、フィンランドと日本は外交関係樹立100周年を迎える。フィンランドの首都ヘルシンキは、Slush Tokyo2019に加わり、ゲーミングコミュニティやゲーミングスタートアップとともに、バーチャルヘルシンキの体験を促進した。

新しい革新的な企業と新しい持続可能な観光の形を促進することが、ヘルシンキが望む国際的の働き方という。

バーチャル・ヘルシンキ(VRヘルシンキ)について
ヘルシンキ市とVRスタジオ“ZOAN”が共同で開発した3Dモデリングを利用して制作されたヘルシンキのデジタル版。バーチャルシティの体験において、訪問者はヘルシンキ元老院広場、ヘルシンキ中西部のムンキニエミ地区にあるフィンランドの伝説的な建築家Alvar Aalto(アルヴァル・アールト)の自邸、レクリエーションを目的にロンナ島を巡るツアーなどを満喫できる。
 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
2 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
3 360Channel、『尻博士・倉持由香 VRグラドル研究所』配信開始 グラビアアイドルの新たな色気の開発がテーマ
4 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
5 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
6 デスクトップモニターに別れを告げる!? VR空間でマルチスクリーンを構築するVRコンテンツがSTEAMで配信開始
7 【PSVR】バンナム、『サマーレッスン:アリソン・スノウ』 DX版の特典を公開…アリソン・スノウ テーマなど
8 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
9 Beijing Pico Technolog、スマホを装着するタイプのVRHMD「Pico 1」の販売開始
10 CRAVA、VRで電車を運転する『鉄道運転士VR』をSteamでリリース 
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど