VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ラティス・テクノロジー、「XVL Studio VRオプション」を発売 大容量3Dデータを実寸大で軽快に作業検証が可能に

2019年05月09日 11時00分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ラティス・テクノロジーは、5月8日、大容量3Dデータを実寸大で、軽快に作業検証を行える「XVL Studio VRオプション」(以下、XVL VR)の発売を発表した。

■背景
昨今、製造業では3D設計が進み、超軽量3DのXVLを用いて、組立の単位や順序といった組立性を実機完成前に検証することでフロントローディングを実現している。しかし、モニターやスクリーンでの平面上の検証では、作業時の目線・姿勢といった作業性の確認はできず、実機での確認が必要だった。また、従来のVRシステムは、大規模なデータを表示できないという制約があり、3Dモデルを簡略化するための工数が膨大で、製造現場での活用が定着しないといった課題があった。

今回ラティスは、大容量の3DデータをそのままVRで表示し、作業性の確認を行うことのできる「XVL VR」をリリースするという。


■特長(1)
XVL VRでは、VR用のデータ準備や加工を行う必要がなく、XVLの製品モデルをそのまま利用し、実機でしか行うことのできなかった視認性、作業空間をデジタルで検証できる。またヘッドマウントディスプレイを装着し、実寸大の製品モデルの中で作業姿勢を取ることで、姿勢判断の即断即決に寄与し、作業性検討を設計段階に前倒しすることが可能になる。軽量XVLを活用し、これまで製品全体を見ることが難しかった輸送機械や建設機械、生産設備などの大容量データも実寸大で確認できる。

■特長(2)
XVL VRでは、製造業でのワークフローに即した機能を提供しています。計測、断面表示、発見した問題個所のビューをスナップショットとして登録、問題点を関係部門間で共有することで対策を検討することができる。また、あらかじめモニター上で、XVL Studioで見つけた検証箇所をスナップショットとして登録し、そこだけを素早くVRで表示するなど効率的なVR検証を実現する。今後もハンドトラッキングや点群の表示をはじめとして、製造業で使えるVRを目指して拡張を進めていく計画となる。

■出展情報
XVL VRは、5月31日東京、7月19日名古屋で開催する「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2019」(主催:ラティス・テクノロジー) に展示する。


【製品情報】

・製品正式名: XVL Studio VR オプション

・提供方法 : XVL Studio Standard または Proのオプション

・価格(税別): 1ライセンス ¥2,500,000、年間保守 ¥500,000(年間保守は初年度より発生)

・発売日 : 5月8日

・対応VR機器: VIVE、VIVE Pro*

・動作環境 : VIVE READY PCで動作*
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
6 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
7 サン電子、「AceReal One」の一般受注を開始 価格は55万5千円(税抜き)
8 【PSVR】巨大ロボットアクション『Archangel』が日本語に対応し国内リリース
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど