アンビリアルに関するVRキャンペーン記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

アンビリアル、アバターライブ配信アプリ『トピア』にて公認ライバー制度を開始

2019年05月15日 13時26分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



アンビリアルは、アバターライブ配信アプリ『トピア』にて公認ライバー制度を開始し、初期メンバー24名がデビューしたと発表した。

●公認ライバーについて
 

初期メンバーは24名で、下記に自己紹介動画のまとめを公開している。リアル×バーチャルをコンセプトに、運営チームサポートのもと公認ライバーの方々に制作した。各動画の本編は、トピア公式Twitterより紹介している各公認ライバーのツイートを確認しよう。

『トピア』は、誰でも手軽にアバターの自分でライブ配信が楽しめるアプリ。トピアの主役はライバーであり、そんなライバーの方々がより有名になったり、夢を叶えるサポートをするため、またリスナーの方々にとっても一定の水準を満たした配信を見つけやすくするため、公認ライバー制度を開始した。

公認ライバーは引き続き募集をしており、下記のフォームよりどなたでも申し込むことができる。性別・年齢・居住地は一切不問で、いかにリスナーに楽しめるかという点について、審査しているという。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSet4z_Z6YeaqF0SdriyCsMOrqHSUqJ-MJ6QwqLoqJdElpUUOA/viewform


● 収益化について
これまでトピアでは収益化を行っていたが、今後は配信に贈られたギフトや視聴者数・配信時間等によって、ライバーが収益を得られるようになる。

配信活動で収益が得られれば、仕事やアルバイトの時間を減らしたり、または配信を仕事にするなどして、配信により多くの時間を使えたり、よりクオリティの高い配信ができるようになる。小学生の憧れの職業となっているYouTuberのように、トピアのライバーも「憧れの職業」となるような世界を目指す。


● トピア概要
 

トピアは、スマホ1つで誰でも簡単に3Dアバターを作成し、そのアバターを顔認識で動かし、アバターとしてライブ配信ができる新感覚のスマホアプリ。大きな特徴は下記の通り。

・顔バレリスクなし:配信者のカメラ映像はトピアのサーバー上に送信も保存もしていないため安心
・個性豊かなアバター表現:フリックでエモートや表情も多彩に表現でき、BGMや背景素材も豊富
・自由度の高いアバターメイク:体型・髪型・目・鼻・口・ペイント・衣装・アクセサリ等、細かく設定可能
・対応端末の多さ:iPhone5S以上のiOS端末やAndroid端末でもアバターでの配信が可能

 
■関連サイト
 

iOS

Android

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アンビリアル

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【年始企画】「Epic Games Japan」代表・河崎高之氏に聞く去年の事・今年の事
3 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
4 メディア工房、リアルタイムで行う実写の立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を公開
5 クラスター、犬山たまきさんプロデュースの大型帯イベントを8月6日から開催 遊園地「わんたまランド」が舞台に!!
6 エクシング、VRアニメミュージックフェス「Vアニ 2019」のライブ・ビューイングを実施!!
7 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』VR体験が無料公開 NYの街を華麗にスイング!!
8 ジェネシスホールディングス、一体型VR HMD『DIGI+ DGP-VRG01』を販売開始 価格は52,800円から
9 ピクシブ、「VRoidモバイル」の提供開始 キャラモデルの作成やAR撮影が可能!!
10 よむネコ、VRオンラインACT『ソード・オブ・ガルガンチュア』でロードマップ公開 「ローグライク+剣戟アクション」の新モード実装!!
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど