ハコスコに関するVRキャンペーン記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

ハコスコ、健康促進と認知症や精神疾患などの予防をめざすブレインヘルス事業を始動

2019年05月15日 14時29分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



ハコスコは、健康促進と認知症や精神疾患などの予防をめざすブレインヘルス事業を始動すると発表した。

ブレインヘルス事業は2つのサービスで構成され、シニア向けの「GoodBrain シニア」は本日より受付を開始、事業者を対象とした「GoodBrain ワーク」は今夏、サービス提供予定という。

「GoodBrain シニア」は登嶋健太氏(GoodBrainシニア プログラム開発者・チーフトレーナー/東京大学 先端科学技術研究センター所属)と開発した高齢者向け「VRレクリエーション」のプログラムを体系化したもので、すでに介護施設などで利用している。

VRレクリエーションの内容はVR旅行など、VRゴーグルと360度映像を使い、参加者がまるでその場を旅行しているかのように体験することで、記憶の想起や会話のきっかけづくり、運動を促進するもので、今後、高齢者施設や地方自治体などを通じて全国展開していく。

全国展開にあたり、高齢者のICTスキル向上を通じ、安全でゆたかな高齢化社会の構築を目指す、アイオーシニアズジャパンと連携し、各地でVRレクリエーションを開催できるトレーナーの育成も進めていくとのこと。


・「GoodBrainシニア」VRレクリエーション概要
利用対象者: 高齢者向け施設、地方自治体
料金: 月額2万円〜(5名から利用可能)
料金: 1回3万円〜(交通費・機材レンタル別途。6名以上、1人あたり1,000円/回)
*上記、当初のプレスリリースより変更があったので修正しております。

利用実績:
介護付有料老人ホームカーサプラチナ草加、三篠会 ふれあいライフ原、百葉の会 港区立虎ノ門高齢者住宅サービスセンター、介護付きサービス付き高齢者向け住宅 ラフェスタ吉川美南、DAM倶楽部中野、Umenoki Gardens Senior Home(米国 カルフォルニア州)など。


​■関連サイト
 
 

公式サイト

気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ハコスコ

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 Survios、映画「クリード」の『CREED: Rise to Glory』がOculus Questに対応 クロスバイで他機種でもプレイ可能に
4 【PSVR】ガンシミュレーター『Gun Club VR』が国内で配信開始 
5 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
6 Arm、最新版のディスプレイ・プロセッサIPでHMDのVR性能を向上 3D酔いを解消や3K120への最適化へ
7 【PSVR】過酷ながらも美しいエベレストを体験 『EVEREST VR』がリリース
8 【PSVR】『KINGDOM HEARTS:VR EXPERIENCE』が無料配信 第2弾はアップデートで春に更新予定
9 JRA、日本ダービーに先立ち、新宿高島屋でVR等を用いたアトラクション『THE DERBY CASTLE』を実施 空飛ぶ名馬で空を駆け抜ける
10 【PSVR】 『Beat Saber』のDLC『Monstercat Music Pack Vol. 1』が海外で配信開始
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど