VR業界ニュース記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

理経、VRを活用した土砂災害体験・訓練用コンテンツの提供 被災者の実体験に基づいた状況の再現も

2019年05月24日 13時18分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



理経は、東広島市消防局および広島大学と共同開発した、バーチャルリアリティ(以下、VR)を活用した土砂災害体験・訓練用コンテンツの提供を開始を発表した。

新製品は、平成30年7月に発生した西日本豪雨災害における東広島市消防局と広島大学防災・減災研究センターの研究を活用し、土砂災害発生に起こり得る事象をVR空間上で再現した。豪雨による土砂災害を対象とした、大学・自治体・民間企業の共同開発としては全国初の災害体験VRとなる。

【製品概要】
避難体験VR「土砂災害」~平成30年7月西日本豪雨災害から学ぶ~
西日本豪雨の土砂災害発生前から災害発生に至るまでの気象状況および住宅付近の状況を再現し、災害の疑似体験をすることで、避難のタイミングなどについて体験・学習することができる。
 

■特長:
VRゴーグルを使用し、360度の臨場感溢れる映像を体験できる。(のぞきこむ、しゃがむといった動作も可能)

平成30年7月に発生した西日本豪雨の状況を基に、被災状況をVR内で再現した。 体験シナリオ制作においては、豪雨で被災者の協力のもと、実体験に基づいて土砂災害発生状況を再現したという。
 



【開発背景】
平成30年に西日本豪雨災害が発生し幅広い地域で甚大な被害に見舞われた。その後の東広島市消防局や広島大学防災・減災研究センターによる土砂災害現場の調査や、被災者の話から、避難準備や避難行動の判断を適切にできるかがもっとも重要な課題であることが明らかになった。本VRでは、以上の検討に基づいてシナリオを作成している。
 
【今後の展開】
理経では、本VRのみならず、防災に関連した取り組みに注力している。より多くの方に防災へ目を向けてもらうべく、山間の地区を対象とした土砂災害以外にゲリラ豪雨などによる河川氾濫を疑似体験できるVRコンテンツの開発も進めていく。

【弊社VR活用実績】
大阪市消防局、東広島市消防局、品川区、葛飾区、渋谷区、野村不動産、NTTドコモ、しんきんカード など


 
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
2 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
3 エレコム、スマホVR用のマウスとリモコンが「DMM VR動画プレイヤー」などに対応
4 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
5 『篠崎愛VR』iOS版が配信開始 自宅で特別なデート体験を
6 【PSVR】『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』がアップデートでVRモードが追加に
7 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
8 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
9 360Channel、新チャンネル『バーチャル体験をしよう!クリスマスイルミネーション2016』の配信を開始 
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど