VR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

HTC NIPPON、アイトラッキング技術搭載VRHMDとスタンドアローン型の2機種を6月28日に販売開始

2019年06月19日 11時58分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



HTC NIPPONは、6月17日、アイトラッキング技術搭載のVR製品「VIVE Pro Eye」とプレミアムスタンドアローンVR「 VIVE FOCUS PLUS」の国内向け販売を発表した。希望⼩売価格は「VIVE Pro Eye」186,120 円 (税抜)、「VIVE FOCUS PLUS」89,750 円 (税抜)となり、国内での販売開始は6⽉28⽇となる。
 

■「VIVE Pro Eye」について
「VIVE Pro Eye」は、既存の「VIVE Pro」に眼球の動きや焦点をトラックするアイトラッキング技術を搭載し、進化させたヘッドマウントディスプレイ。アイトラッキング技術を用いて高精度な視覚トラッキングデータを取得することが可能。マーケティングデータ分析やトレーニングツールなど、次世代の様々なビジネスシーンやアイディアに活用する。

製品ページURL :https://www.vive.com/jp/pro-eye/

「VIVE Pro Eye」の主な特長
・高精度なアイトラッキング
ヘッドマウントディスプレイに搭載しているIRセンサーが眼の動きを追跡する。アイトラッキング技術はトレーニングツールまたはユーザー分析のツールとして活用できる。また、アイトラッキング技術はVRアバターとのリアルタイムな連携を行える。これにより、会議および共同作業ツールなどのバーチャル環境で、より表現力豊かなアバターの作成を可能にする。

・より深いデータ分析
眼の動きを追跡したデータをもとにユーザーの動きを可視化したヒートマップを作成可能とするなど、アンケートだけでは分かりえないユーザーの意思決定までのプロセスを把握することが可能となる。

 ・直感的なユーザーエクスペリエンス
視線操作メニューを実装し、視線操作でかつてないほど速く、簡単にポイント、選択、ズームができます。 VRアーケードやロケーションベースのエンターテイメントなどの環境で利便性を高める。

・効率性と品質の向上
ユーザー視線に基づいてグラフィック解像度を制御し、 GPUのレンダリング負荷を軽減し、画像の品質とパフォーマンスを向上させる。
 

■「VIVE FOCUS PLUS」
 

「VIVE Focus Plus」はスタンドアローン型VR、VIVE FOCUSの進化版となる。ヘッドセットディスプレイをさらに装着し易く改良し、デュアル6DoFコントローラーを付属した。より直感的な操作とより深いレベルの没入感を実現し、これによりユーザーは、PC VRデバイスの使用時と同等のバーチャルリアリティ環境を手軽に体験できるようになる。また、HTCではPC VRからVIVE Focus PlusへのスムーズなポーティングをサポートするためのWAVEプラットフォームとSDKツールを提供している。

製品ページURL :https://enterprise.vive.com/jp/focus-plus/

「VIVE Focus Plus」の主な特徴

・革新的なコントローラー
「VIVE Focus Plus」には超音波式の6DoFコントローラーが付属されている。アナログトリガーによる対象物のコントロールや、感圧式入力のイントラクションにより、より深いレベルの没入体験が可能です。VR上のナビゲーションや直感的な手の動きによる操作を、より深いレベルの没入感とともに体験できる。感圧式入力のトリガーは、VR空間でのインタラクションやオブジェクトの操作感を高めてくれる。

・進化したVR映像
スタンドアローンデバイスによくありがちな映像への妥協、VIVE Focus Plusには一切ない。新型レンズがリング効果を低減し、すみずみまで高鮮明な映像を見ることができる。
 
・長時間利用でも快適
VIVE Focus Plusは、従来のVR製品と比較して、より快 適な装着がしやすいよう改善され、長時間にわたる利用が可能なり、集中した体験ができるよう設計されている。柔らかく、汚れにくい新素材を採用し、頻繁に利用する機会が多いビジネス環境に最適。



■「VIVE Pro Eye」の仕様について
・ヘッドセット
スクリーン デュアルAMOLED 3.5インチ(対角)
解像度 片目あたり1440 x 1600ピクセル(合計2880 x 1600ピクセル)
リフレッシュレート 90 Hz
視野角    110 度
オーディオ

ハイレゾ対応ヘッドフォン(取り外し可能)、

高インピーダンスのヘッドフォンサポート、エルゴノミクスの改善

入力 内蔵マイク
接続 USB-C 3.0、DP 1.2、Bluetooth
センサー SteamVR トラッキング、Gセンサー、ジャイロスコープ、
近接センサー、IPDセンサー、アイトラッキング
調整機能 レンズ距離調整付きアイレリーフ
調整可能 IPD
調整可能ヘッドフォン
調整可能ヘッドストラップ


・アイトラッキングの仕様
視線データ出力周波数(両眼) 120Hz
精度 0.5°〜1.1° (FOV 20°以内)
キャリブレーション 5ポイント
追跡可能視野角 110°
眼の疾患、眼の手術、濃い化粧、および強い近視は、アイトラッキング性能に影響を与える可能性があります
データ出力(アイ情報) タイムスタンプ(デバイスとシステム)、視線の起点、
視線の方向、瞳孔位置、瞳孔サイズ、目の開閉
インターフェース HTC SRanipal SDK
SDKエンジンの互換性 Unity、Unreal

・コントローラー仕様
センサー SteamVR Tracking 2.0
入力 多機能トラックパッド、グリップボタン、デュアルステージトリガー、
システムボタン、メニューボタン 
接続 Micro-USB充電ポート


■「VIVE Focus Plus」の仕様について
ディスプレイ デュアル 3K AMOLED
解像度 片目あたり 1440 x 1600 ピクセル (合計 2880 x 1600 ピクセル)
リフレッシュレート 75Hz
視野角 110 度
安全性能 プレイエリア限界アラートおよびフロントカメラ
センサー インサイドアウト 6DoF
入力 内蔵マイク
接眼部 瞳孔間距離およびレンズ距離の調節機能
オーディオ 内蔵スピーカー、3.5mm オーディオジャック
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 835
QualcommおよびSnapdragonは、米国およびその他の国々で登録されたQualcomm Incorporatedの商標です。
メモリー内蔵 32GB/4GB (ROM/RAM)
外部接続 microSD ( 最大 2TB)
バッテリー 充電式リチウムイオン電池 最大約 3 時間 ( アクティブ使用時 )

・コントローラー仕様
センサー Chirp SonicTrack 6DoF超音波 + IMU フュージョントラッキング
入力 トラックパッド、メニューボタン、VIVE ボタン、トリガー、グリップボタン
バッテリー持続時間 約4時間(単4電池4個) 
使用時間に関しては、ネットワーク状態、信号強度、設定、アプリケーション、その他多くの要因によって変わる。


気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 HTC VIVE購入で、『Fallout 4 VR』 ダウンロードコード、VIVE 用シリコンカバープレゼントキャンペーン開催 11月22日より
4 ジェネシスホールディングス、一体型VR HMD『DIGI+ DGP-VRG01』を販売開始 価格は52,800円から
5 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
6 【PSVR】英Fountain Digital Labs、サバンナを体験する『ヴィリヴィアル』を国内で配信開始…アフリカで撮影した野生動物が目の前に
7 【PSVR】『KINGDOM HEARTS:VR EXPERIENCE』が無料配信 第2弾はアップデートで春に更新予定
8 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
9 【PSVR】ボクシングゲーム『Knockout League』が国内PS STOREで配信開始 フィットネス効果にも期待!!
10 メディア工房、リアルタイムで行う実写の立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を公開
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど