マウスコンピューターに関するVR製品情報記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

マウスコンピューター、「NEXTGEAR-NOTE i5350」シリーズ販売開始 INTEL第9世代CPU、SSDとGTX1650搭載の15.6 型ノート

2019年06月26日 11時10分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



マウスコンピューターは、インテルの最新の第9世代 CPU とグラフィックスを採用し、NVMe 対応 SSD を標準搭載した 15.6 型ゲーミングノートパソコン「NEXTGEAR-NOTE i5350」シリーズを販売開始する。

本製品はナローベゼルを採用しており、15.6型パネルの従来製品※1と比較して、本体サイズを⼩型化※2(幅︓13.5mm、奥⾏︓9mm ⼩型化)し、シャープな外観を実現した。また、最新世代の6コア CPU「第9世代インテル Core i7-9750H プロセッサー」と、最新のグラフィックス「GeForce GTX 1650」の組み合わせによって、ゲームプレイに必要な演算・画像処理を⾼速に実⾏する。

さらに、一般的な SSD より、約2倍以上※3⾼速なデータ読み出しが可能な「NVMe 対応 256GB SSD」を搭載することで、ゲームのロード時間や、Windows の起動時間を短縮し、快適なゲームプレイ環境を実現できる。

なお、発売を記念して、「NEXTGEAR-NOTE i5350SA1」を500台限定で、13万9800円(税別)※4にて販売する。各製品は、6月24日より、マウスコンピューターWEB サイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、法人営業窓口、マウスコンピューター製品取り扱い家電量販店にて、順次発売を開始している。 

※1 「NEXTGEAR-NOTE i5330」シリーズ
※2 本体折り畳み時の天板サイズを比較
※3 SATA 接続 256GB SSD とのデータ読み出し速度の比較
※4 限定台数終了後は 14万9800円(税別)にて販売する。

■ナローベゼル採用でコンパクトになった本体サイズ

液晶パネルのベゼル幅を狭めたナローベゼルデザインを新たに採用しています。15.6 型パネルの従来製品※1 と比べて、本体サイズは一回り(幅︓マイナス 13.5mm、奥⾏︓マイナス 9mm)⼩型化※2 することで、よりコンパクトなスペースに設置が可能で、ゲームの表⽰画⾯も⾒やすいデザインとなる。

■3D 演算処理性能が⾼速な最新のプロセッサーとグラフィックスを搭載



最新の第 9 世代 CPU「インテル Core i7-9750H プロセッサー」と、⾼速なグラフィックス「GeForce GTX1650」を搭載している。従来製品※1 と比べて、3D 演算処理能⼒が約 52%向上しており、最新の 3D ゲームプレイに適した⾼性能なゲーミングノートパソコンとなる。

画像

<測定環境>
「3DMark」にて「Fire Strike Graphics Score」を測定
Windows 10 Home 64ビット環境 フル HD 解像度
本製品:GeForce GTX 1650 (4GB) / インテル Core i7-9750H プロセッサー / グラフィックスドライバー 419.45
従来製品:GeForce GTX 1050(2GB) / インテル Core i7-8750H プロセッサー/ グラフィックドライバー 389.04
※スコアは自社測定による参考値です。使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動する。
※3DMark is a registered trademark of Futuremark Corporation.

■ゲームの起動を⾼速にする NVMe 対応 SSD 搭載



本製品は、ハードディスクと比較して、データ読み書きが⾼速な NVMe 対応 SSD を標準搭載している。
人気バトルロイヤルシューター「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の「スタートからメニュー起動※1」までの時間を比較すると、ハードディスクの 88 秒に対して、NVMe 対応 SSD では 43 秒と、半分以下の時間で起動することができる。

※1 メニュー起動→「Solo モード」とマップ「Sanhok」を選択してプレイ開始。マッチング完了後〜待機場所表⽰までの時間を計測
※自社測定による参考値です。使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動する。



また、Windows の起動時間※2 においても、ハードディスクの 68 秒に対して、NVMe 対応 SSD では 13 秒と、非常に短い時間で起動するため、普段パソコンを使用するシーンでも、素早く使い始めることができる。
※2 電源 ON にしてからデスクトップ画⾯が表⽰されるまでの時間を計測
※自社測定による参考値です。使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動する。

■ゲームプレイに集中できるキー⼊⼒設定や、キーボードの LED バックライトカラーが設定可能







本製品の設定アプリケーション「Flexikey」では、複数のキー⼊⼒、アプリケーションの起動、⼊⼒テキストを特定のキーに割り当てるといったカスタマイズが可能となる。さらに、特定のキー⼊⼒を無効に設定することもできるため、ゲームプレイ時に不要なキーの誤⼊⼒を防⽌し、ゲームプレイに集中することができる。また、「CONTROL CENTER 3.0」では、キーボードに内蔵の LED バックライトを好みのカラーに設定することができるので、プレイ環境を自分好みのスタイルで盛り上げることができる。

■最新の Office ソフト付属モデルもご用意
最新の「Microsoft Office Home & Business 2019(個人向け)」付属モデルも用意している。購⼊してすぐに必要なオフィスアプリが使える便利でお得なセットモデルとなる。

■24時間365日無償電話サポートで安心をフルサポート
24時間365日の無償電話サポートサービスと 1 年間の無償修理保証に対応しており、購⼊後も安心して使える。(弊社の定めるメンテナンス日を除く)。お電話だけでなく、メールやチャット、LINE などお客様のご都合に合う最適な方法でアフターサポートが受けられる。
 
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
2 【PSVR】遂に『スパイダーマンVR』が国内で無料配信開始 糸を出し、クレーンに登り、街を見渡す
3 HTC VIVE購入で、『Fallout 4 VR』 ダウンロードコード、VIVE 用シリコンカバープレゼントキャンペーン開催 11月22日より
4 ジェネシスホールディングス、一体型VR HMD『DIGI+ DGP-VRG01』を販売開始 価格は52,800円から
5 PSVRが24,980円(税抜)で12月6日から限定販売 「PS4 大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーン」にて…VRタイトルのクーポン2本分が付くセットも
6 【PSVR】英Fountain Digital Labs、サバンナを体験する『ヴィリヴィアル』を国内で配信開始…アフリカで撮影した野生動物が目の前に
7 【PSVR】『KINGDOM HEARTS:VR EXPERIENCE』が無料配信 第2弾はアップデートで春に更新予定
8 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
9 【PSVR】ボクシングゲーム『Knockout League』が国内PS STOREで配信開始 フィットネス効果にも期待!!
10 メディア工房、リアルタイムで行う実写の立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を公開
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど