VRイベント記事

Social VR Info – VR総合情報サイト

ソーシャルゲームインフォ

rss

Twitter

「ゲゲゲの妖怪100物語」が池袋サンシャインシティで8月10日から開催 XRアート体験ゾーンも設置!!

2019年06月27日 14時16分更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加



池袋 サンシャインシティ(東京都・豊島区)で、8月10日~8月26日まで、「ゲゲゲの妖怪100物語」を開催する。水木しげるの妖怪世界を体感できる、まったく新しいイベントになるという。中でも新たに”XRアート体験ゾーン”設置が決まったなどの追加情報を紹介する。

◆オリジナルグッズが300アイテム以上!
 

「ゲゲゲの妖怪100物語」の特設ショップ「妖怪百貨店」では、ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、人気の妖怪をモチーフにデザインした、多数のイベントオリジナルグッズを含む、300アイテム以上を販売する。ぬりかべからは想像できない、モフモフで手触りバツグンの「ぬりかべクッション」や、かわいい(!?)ねずみ男をデザインした「抱きまくらねずみ男」、トイレットペーパーにおなじみの妖怪をデザインした「日本妖怪巻紙ペアセット」などが登場する。
 



さらに、イベント開催記念ソフビフィギュア「目玉おやじクリアゴールドVer.」などの限定アイテムも登場。その他、目玉おやじや鬼太郎のぬいぐるみ、鬼太郎のちゃんちゃんこなど、大人から子どもまで楽しめるアイテムを多数取り揃えている。

◆「ゲゲゲの鬼太郎」の恐ろしくも美しい世界観を感じられるXRアート体験ゾーンが登場!
 

「ゲゲゲの妖怪100物語」では、XRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」を展示する。本プロジェクトでは、「ゲゲゲの鬼太郎」がもつ日本ならではの世界観をVRで疑似体験できる、VRアート体験「魂の送り火」(有料)、3Dで体験できる、3Dアート体験「魂の行方」(有料)を実施する。
 

VRアート体験「魂の送り火」ゲゲゲの森に迷い込んでしまったあなたは、妖怪達に出会いながら元の世界を目指している。3Dアート体験「魂の行方」ゲゲゲの森に迷い込んでしまった男が数々の奇妙な出来事を目撃する。その結末とは・・・また、App StoreでARデジタルフィギュアを購入することもできる。

場所:妖怪百貨店内
費用:500円(税込)
 



(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)Gugenka
気に入ったらいいねしよう


この記事が気に入ったら

いいね!しよう
最新情報をお届けします
Twitterで Social VR Info をフォローしよう!




リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

記事ランキング

1 360Channel、女性向けのVRコンテンツ『ロッカー男子』を配信開始 木村良平氏、柿原徹也氏、羽多野渉氏がCVを担当
2 DMMのVR動画が「Oculus Rift」「HTC Vive」に対応 「DMM VR動画プレイヤー」をリリース
3 グーグル、『Google Earth VR』をOculusで公開 Steam版のアップデートも…仮想キーボードを使った住所検索など
4 ピクシブ、3Dキャラを簡単に作成する「VRoid Studio」を7月末に無料でリリース アニメ、ゲーム、VR/ARプラットフォーム上での利用を想定
5 【イベントレポート】DLCの主人公はモールデッドを素手でフルボッコ!? 『バイオ7 GE』発売記念トークイベントをお届け【前編】
6 SAOへの第一歩 荒野行動のNetEaseがオープンワールドVR MMO「Nostos」を2019年にリリースへ…SpatialOSで世界構築も
7 『VR ZONE Portal』神戸の料金体系とアクティビティが決定 料金はひとり1回1000円に
8 【インタビュー】VR×女性向けコンテンツの相性とは いち早く同ジャンルのVR開発に取り組んだエイタロウソフトの挑戦
9 【PSVR】いよいよPS4でYouTubeのVR動画が見れる アプリバージョンver1.10が公開に
10 【PS VR】無料で楽しめるVR体験をお届け ゲームはもちろん 対応したVR動画アプリなど…DMMも遂に対応
11位以下のランキングを見る

注目の施設・ゲームなど